唐草図鑑
聖樹聖獣文様

西欧初期中世の美術

小学館世界美術大全集(1997)

世界美術大全集 西洋編7・西欧初期中世の美術
編集委員/辻 佐保子 1997 http://www.shogakukan.co.jp/


目次読書

序論 後期古代と初期中世の美術 辻 佐保子 →※
序 時代背景 佐藤 彰一

第1章 西欧初期キリスト教美術


序 キリスト教図像の形成 辻 佐保子
キリスト教都市の形成―イタリア半島とガリアを中心に 名取 四郎
埋葬美術―カタコンベと石棺 宮坂 朋
キリスト教建築の基本形 名取 四郎
教会堂装飾の創始 名取 四郎

第2章 初期中世の建築と壁面装飾


序 教皇庁と美術 辻 佐保子
カロリング王朝の美術―建築 辻本 敬子
カロリング王朝の美術―彫刻と絵画 鼓 みどり
ケルト美術とアングロ=サクソンの美術 鶴岡 真弓 ※
西ゴート・モサラベ美術―安發 和彰(あわ かずあき)
ランゴバルド美術 木俣 元一(きまた もとかず)

ケルト文化とギリシア・ローマ文化の間に横たわる自然館や宗教の際・・神を理想的な人間の姿で表そうとしてギリシア・ローマの「神人同形主義(アンスロポモルフイズム)」に与(くみ)しないケルト人の宗教には、古代地中海人に比べるとき、強烈な「自然宗教」があったことがあらわになる。
ケルトの神像にはたとえローマ風の「人間の姿をした神」の外観を持っている場合でも、動物の生命的躍動や自然現象が人間にとって不可測な神秘と驚異を孕んでいるという観念を強固に打ち出し、ある種デモーニッシュな様相を帯びている。(p219 鶴岡真弓)

第3章 西欧初期中世の写本と工芸


序 写本装飾と工芸の時空を超えた伝達と交流 辻 佐保子
メロヴィング・カロリング王朝の写本と工芸 鼓 みどり
アングロ―サクソンの写本と工芸 水島 ヒロミ
スペインの写本と工芸 安發 和彰

テーマ特集


聖堂装飾プログラムの発生と展開 宮坂 朋→dura-europos.html
柱頭から見た西洋中世 木俣元一→tyutou.html 
写字生の祈り―写本制作の現場をめぐって 安發 和彰

△ PageTop

 以下は追加で、同様のテーマを扱う「岩波世界の美術」の目次読書を

「岩波 世界の美術
初期キリスト教美術・ビザンティン美術」 2000/11/28 刊
ジョン ラウデン , John Lowden (Early Christian & Byzantine Art: A&I (Art & Ideas) (原著 1997), 益田 朋幸 (訳)→Wikipedia

内容紹介
4世紀のキリスト教公認,そしてコンスタンティノープルへの遷都以来,神のメッセージは,いかにして,またなぜ,形象と色彩のなかに表現され,どのように享受されてきたのか.壮大な教会建築から私的な小品にいたるキリスト教美術の起源と1000年にわたるその展開を,聖像論争を軸にたどる.新撮図版を多数収録.

イコノクラスム以前の美術

1.神と救済―キリスト教美術の形成
2.皇帝と聖者―コンスタンティノポリスと東方世界
3.異教徒と銀行家―ラヴェンナと西方世界

イコノクラスム

4.イコンか偶像か?―聖像論争

イコノクラスム以後の美術

5.正統と革新―ビザンティン美術 860‐960年頃;
6.聖なる空間―聖堂装飾 960‐1100年頃;
7.聖なる書物―写本挿絵 976‐1100年頃) 

ビザンティン美術の拡散

8.(認識と受容―12世紀イタリアの美術;
9.危機と持続―コンスタンティノポリス略奪;
10.時代の終わり?―コンスタンティノポリス奪還と陥落 1261‐1453年

 →以下抜粋少々
1には ギリシアのテサロニキ(マケドニアの首都)のアギオス・ゲオルギオス聖堂のモザイク
東ローマ帝国(ビザンティン)の初期、テッサロニキはコンスタンティノープルに次いで2番目に大きな都市であった
※世界遺産 テッサロニキの初期キリスト教とビザンティン様式の建造物群

(p17)
キリスト(33年頃没)の時代に、キリスト教美術が存在しなかった頃ははっきりしている
300年頃までには礼拝という目的を持って建てられた会堂があったことは確かだが、(中略)こうした集会のほとんどが個人の邸宅で行われたらしい(私宅聖堂

ドゥーラ・エウロポス(シリア)の私宅聖堂→ダマスカス国立博物館
肩に羊を担ぐ羊飼いの図像 (迷った羊が助け出される)‥希望に満ちたメッセージ(p21)
ミラノ勅令以前の有名な美術(旅写真)

カタコンベは5世紀に廃れ、16世紀に再発見(p25)
サン・カリストのカタコンベ 3世紀末ローマアッピア街道沿い
ダニエルと2頭のライオン オランス像預言者ヨナの物語(ひょうたん棚の下で憩う)・・・メッセージは楽天的救済

3世紀末
ヨナの石棺(ヴァチカン美術館蔵)
ヴィア・サラリアの石棺(ヴァチカン美術館蔵)

ディオクレティアヌスのテトラルキア制度(帝国を四分割統治) アウグストゥス(正帝の称号)とカエサル(副帝の称号)の共同統治・・対抗心争い・・312年10月西のアウグストゥスのコンスタンティンがマクセンティウスを倒す@ローマ城壁外のミルウィウス橋
コンスタンティヌスの凱旋門(いささか奇妙なパステーシュ=寄せ集め、新しい素材と、再興の品質を持ったスポリア((過去の建築材の再利用)の組み合わせ)

コンスタンティヌスのバシリカ→=サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂
コンスタンティヌスのサン・ピエトロ聖堂(現存しない)=マルテイリウム、「証人」を意味するマルテイル(殉教者)に由来する聖堂、内部には金銀の富

サンタ・コスタンツァ聖堂(350年頃 約1700年前))
石棺(ヴァチカン蔵)の図柄はアカンサスとぶどう蔓の中にいる有翼のプット-はギリシア・ローマのバッカスの情景

教義的石棺(325-50頃) ヴァチカン美術館蔵

ユニウス・バッスス の石棺(359) サン・ピエトロ大聖堂宝物室蔵

サンタ・マリア・マッジョーレ聖堂 ローマにまとまって残っている人物像装飾の中で最も古い作例がある

5世紀末から6世紀初頭の北シリア繁栄享受
皇帝によってシナイ山(聖地)に設けられた城塞が修道士を守り巡礼の交通保護

コンスタンティノポリスのアギオス・ポリエウクトス聖堂に由来する浮彫角柱(524-27)→ヴェネツィアのピアツェンツア
最初のスティリティス(柱上行者) ;柱を意味するギリシア語スティロス)-聖シメオン(459年没)

ラヴェンナは 5.6世紀の美術・建築を学ぶには西欧で最もふさわしい場所である(P103) 402~751 西の首都 東西を結ぶ主要な物資の集散地で、60以上の聖堂があった
「初期中世のポンペイ」
女帝ガッラ・プラキディア(390頃~450以後 支配者の像を生者と同等に扱った
テオドリクス526没)→サンタ・ポリナーテヌーヴォ聖堂
サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ聖堂: サンタ・クローチェ(聖十字架)真の十字架=キリストが磔刑になった十字架)
司教マクシミアヌス→サン・ヴィターレ聖堂(547献堂)
→サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂(549献堂)・・いずれも建築の開始はマクシアヌス到着より前

唐草図鑑ロゴ


獅子紋章風
聖樹聖獣文様
聖獣概観
生命の木
 獅子
唐草目次
文様の根源
文献
用語
サイトマップ
唐草図鑑