唐草図鑑バナー

参考文献

荒俣宏さんの図像の本

荒俣宏の全著作から図像の本

アマゾンリストマニア太古の図像、エジプトシンボル


唐草文様の故郷、「エジプト様式」図像の本
アラマタ図像館 (5) 小学館文庫
me なぜか「魔笛」の舞台は……EGYPTエジプトなのでした。
荒俣さんとナポレオン皇帝版『エジプト誌』との出会い
慶応大学1年の時とか・・
http://www.geocities.co.jp/Bookend/6743/

◎『エジプト誌』と『魔笛』の舞台背景
『エジプト誌』出版後、そこに描かれた神殿や神像の図は
西洋美術家たちに大きな関心を抱かせ、
そのスタイルが「エジプト様式」としてさまざまな建築等に使用された。
なかでも建築家で舞台装置デザイナーのシンケルは大きな影響を受け、
モーツァルトのオペラ『魔笛』の舞台装置に『エジプト誌』の図版を使用した。

このような舞台で上演されたのですね
me それはそうと、 荒俣さんの公式プロフィール(集!!)
http://www.geocities.co.jp/Bookend/6743/kousikiprofile.html
そしてまた、(^-^;))!
http://www.geocities.co.jp/Bookend/6743/densetu.html
アラマタ伝説!!

「帝都物語が売れたとき、腰が抜けたんですがね、 1年間でですね、印税が1億5000万円くらい入ってきたんですよ
で、こういう(世界大博物図鑑の事)博物図鑑を買い集めたら
10冊か15冊で大半は無くなりました」

me お~~っつ、なんとぉ~~~ッ……
惜しげもなく、蒐集した高価な図像コレクションをわけ与えるように 見せてくれるというのは
ありがた~~~い……
それも絶版になったら、安い文庫本にしてくれたりして、
……1億5000万円の親切~~……
me 図像学……博物学……
荒俣宏の全著作
Amazonの和書でアラマタさんの著書数は350冊超ですが、
このサイト(アラマタゲノム)のWEBMASTERさんがすすめていた3冊は

図像学入門―目玉の思想と美学 (集英社文庫)
広告図像の伝説―フクスケもカルピスも名作! (平凡社ライブラリー)
図像探偵―眼で解く推理博覧会(光文社文庫)
……でした
花の王国 (3) 荒俣 宏 (著)
花空庭園荒俣 宏 (著)
me 花を描く図にみる美意識もすごい・・
うっとり……
それに「かくう」庭園とは・・またまたアラマタ~(^◇^)/
描かれた花とエジプト図像に猫頭すりすりのアラマタ話でした・・

平凡社; (April 2000)
me 補足;
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4094031146.html
荒俣 宏さんって、平凡社百科事典でも、
わたしの引く項引く項に出てきたという言う感じでしたが、
迂闊に読み始めたら大変のことになりそうなので
ちょっと準備期間おかせてもらってました(^-^;))

初めにおすすめ文庫でこのあたりでしょうか・・・・・

アラマタ図像館〈4〉「庭園」 荒俣 宏【著】
ISBN:4094031146 小学館文庫 (1999-10-01出版)
紹介文がこうです
(以下紹介文の引用)
_____________________

植物の分類法に画期的なシステムを導入したのは、
スウェーデンの博物学者リンネであった。
植物の生殖器官―花に着目し、その形態を基準に、
雄しべと雌しべの形と数で分類してゆくその方法は
「セクシャル・システム」と呼ばれ、

18世紀の後半にはヨーロッパ中に広く知れわたった。
イギリスでその思想に共鳴したソーントンは、リンネ分類学を図解した
大著の出版を計画し、そこで生まれたのが史上最美といわれる植物図鑑
「フローラの神殿」である。
初版と第二版に異同のあることで有名なこの図鑑を、
初めて完全収録して公開する。

イメージ解読のための図像学入門―第四講 
絵はすべてルールであるその三
ソーントン『フローラの神殿』
地上に花を撒くフローラ
クピド、フローラ、ケレスおよびアスクレピオスがリンネの胸像を
祝福する
植物に愛を射込むクピド
スノードロップとクロッカス
ペルシアシクラメン
ヒヤシンス各種
バラ各種
カーネーション各種〔ほか〕

「花の王国」へ

内容(「BOOK」データベースより)
世界的博物図譜収集家として知られる著者が、
17~20世紀に描かれた花の図譜の名品を選び抜いて、
植物に関する伝承や信仰、発見・栽培史を辿る解説を付した、
他に類を見ない画期的な「花の図鑑」。
『花の王国』1
園芸植物 (花の王国)
人工の花々を眺めながら―植物への愛と支配の歴史
アイリス
アガパンサス
・・・
ルドベキア
梅棹忠夫推薦
『花の王国』2
薬用植物 (花の王国)
「健康の園」と非常の庭師たち―東西薬草採集家列伝
薬草
毒草
香草
聖草
多田智満子推薦
『花の王国』3
花の王国 (3)
金のなる木が育つ園
平凡社 (1990/05)
若桑みどり推薦
『花の王国』4
珍奇植物 (花の王国)
失われたパラダイスを求めて
天と地の庭園巡り索引 平凡社 (1990/11)
中井英夫推薦
me 2005/04/02補記
危険人物荒俣宏さんの「花の王国」を読むページを作り始めましたが、全然進みません。 項目はこちらです。
NEXT→唐草図鑑ver.2 アカンサス、ロータス

karakusaライン


唐草図鑑ロゴ

NEXT唐草図鑑文献その2
イメージシンボル図鑑集、
図像学(ワールブルグ研究所)など
BACKサイトマップ

karakusaラインrtutakin.gif

△PageTop

唐草図鑑
目次
文様の根源
聖樹聖獣文様
文献
用語
MAIL
サイトマップ