チェトtyet


大英博物館にて 2008年5月
(右手にジェド柱、左手にチェトを持ち、両手を交差させている、)
エジプトカラーバー

エジプト学の入門書、現在最も信頼できるエジプト神話の本の用語集から:
ankhのヒエログリフ
ティト  (この本での表記はチェトではありませんでした
イシスの標章。ティトは「生命」を意味していたようである。この標章は、護符として広く普及していた。


図説 エジプトの神々事典ステファヌ ロッシーニ (著), リュト シュマン=アンテルム (著), St´ephane Rossini (原著), Ruth Schumann‐Antelme (原著), 矢島 文夫 (翻訳), 吉田 春美 (翻訳)

WEB検索

tyet(tiet、thet)についてみるべき解説
http://www.nmsi.ac.uk/piclib/imagerecord.asp?id=10284908
アンクのページの続き⇒アンクの意味の
4)ties for ceremonial girdles 儀式の帯の結び目
Wolfhart Westendorf felt it was associated with the tyet emblem, or the "knot of Isis"
=both were ties for ceremonial girdles
Wolfhart Westendorf はアンクはチェトあるいはイシスの結び目と関連があるとした

※チェトの図
http://www.touregypt.net/featurestories/tyet.htm

The tyet is found as a decorative symbol as early as the 3rd Dynasty, when it appears with both the ankh and the djed signs, and later with the was scepter. However, the symbol itself is much, much older, appearing at least as early as the Predynastic Period.(最古Abydosで発見されている)

チェトの解説=初めは、恐らくエジプト十字の異形、「イシスの結び」(神の衣類を固定する結びに類似)、「イシスのガードル」、および「イシスの血」、女性が月経の間に使用した布。


http://www.philae.nu/philae/aspects.html


大英博物館のAmulets(護符)の展示 2008年5月



ミイラを荘厳するAmulets(護符)


BACK エジプトのINDEXjed 唐草図鑑インデックス
(first updated 2004/08/26)

聖獣文様エジプトの目次
|Ankh アンク| Djed pillarsジェド柱|tyet チェト|Ouasウアス杖
ヘルメスの杖アスクレピオスの杖| |プタハ神の笏



クレオパトラ

サーチボックスあり



ネフェルティティ


シンボルの本龍蛇
荒俣さんの図像の本
古代エジプトの本