唐草図鑑
聖樹聖獣文様

獅子・蛇

古いペルシアの時間の神

Zurvan


この、「イメージの博物誌12時間‐過ぎ去る時と円環する時」 マリール・イゼ・フォン・フランツ著の「時間の神」。(再掲すると)
p14 時間の神 アイオーン
アイオーンはもともと生物の身体に流れる生命の流体のこと。
この流体は、死後も蛇の形をとって生き続ける

時間の神としてアイオーン(Aeon)に始め、ギリシア語のChronos 時間を意味するクロノスはこちらで見ています。

イメージの博物誌の「時間」の初めに、

ギリシア人は実際に、時間を心的な大河であるオケアノスと同一視していた。

・・ということですが、 オケアノス-クロノス、 アイオーン-クロノス と合体している他に、別に、ズルヴァーンという神まで出ています。

ヘレニズム時代になると、 アイオーン-クロノスは、古いペルシアの時間の神である ズルヴァーンと同一視された。
古代ペルシア人は、この最高神の二つの要素を区別した。
すなわち永遠の時間であるズルヴァーン・アカラナと、
長い支配の時間であるズルヴァーン・ダレドークヴァダーターである。
後者は衰退と死の原因であって、時に悪の原理であるアーリマンとさえ同一視された。
古代後期のオルフェウス教とミトラス教徒たちは、相反する両面を持つズルヴァーンを、彼らのアイオーンと同一視した。

The Middle Persian name derives from Avestan zruvan-, "time" or "old age".
Zurvanism

Mistaken Identity
In his first manuscript of his book 'Zurvan', R C Zaehner incorrectly identified the Mithraic lion-headed deity with the representation of Zurvan.
R C Zaehnerは不当にMithraicのライオン頭の神をZurvanの表現と同一視した。
He later admits at the proof stage that this was a "positive mistake"; the lion-headed deity being a representation of the evil being deus Ahreimanius or Ahriman (Zaehner, 1972).
However, this has not stopped the fallacy, which Zaehner attributes to Franz Cumont, proliferating on various websites.

http://en.wikipedia.org/wiki/Robert_Charles_Zaehner
Zurvan: a Zoroastrian dilemma 著者: Robert Charles Zaehner

"双子の弟"教義
Zurvanism

2011-09-28途中です
時間の神アイオーンに戻る

△ PageTop


唐草図鑑ロゴ

獅子紋章風
聖樹聖獣文様
聖獣概観
生命の木
 獅子
唐草目次
文様の根源
文献
用語
サイトマップ
唐草図鑑