生命の木 聖樹

ナツメヤシ


Tree of Life

(平凡社百科辞典 山形孝夫)
樹木は古くから信仰の対象となり、
いわゆる聖樹として崇拝されてきた。
そのうち、古代西アジアで発祥し、
樹木によって生命の源泉、人類の誕生を
象徴的に示す樹木崇拝の一表象を特に
生命の樹(木)と呼ぶことがある。
そこではは多くの樹の中でもとりわけ
ナツメヤシが古代人の崇拝の対象
となり、
乾燥地帯にあっても枯渇することのない
生命力の主題
となった。

棕櫚(ナツメヤシ)

棕櫚(ナツメヤシ)はまず
古代メソポタミアやエジプトで
聖樹であった

常緑で生命と繁栄の象徴


プロトアイオリス式柱頭
アルスラン・タシュの象牙(「シリア国立博物館」蔵 )


紀元前1千年紀
有翼グリフィンも 魅力的である
古代アラム (現シリア) の中心都市ダマスカス Damascus
アッシリア王がダマスカス王の家具飾りを
略奪し、持ち帰ったものという。
中央の聖樹のデザインは
ヤシの木から着想をえたもの

しだいに抽象化されて、
プロト・アイオリス式柱頭の
渦巻き型柱頭に展開
していく

アイオリス式柱頭・・・・
基本的にはイオニア式と変わらないのですが、
柱頭だけは独自の様式を持っています。
イオニア式の原形である渦巻き型の間に
パルメットを挿入した形
をしています。

(講談社 世界の博物館18 増田精一・杉村棟編 昭和54年刊)



アルスラン→モンゴル語では「獅子」
・・・・「ナルニア国物語」の創造主ライオンの名前は「アスラン」
WEB 検索
大英博物館のよりEGYPT的なものと比べるのも面白い。
グリフィン⇒スフィンクスへの変化がわかります。
Ivory plaque depicting a winged sphinx
Phoenician, 9th-8th century BC
Found at Fort Shalmaneser,
Nimrud (ancient Kalhu), northern Iraq

Austen Henry Layard (1817-94), archaeologist
その他大英博物館の次のページで
いろいろオリエントの文物を見られます。
大英博物館のCONPAS


タンムズ (Tammuz)・・・四季の神
⇒フェニキアの生育神(エジプトのイシュタルに対応)

生育神


http://www18.tok2.com/home/ventvert/mythology

植物を縛リ付ける行為
生育神の死=夏を意味するという

(?オシリスの苗床アドベントページ仮リンク)

(以下再掲)

  聖樹文様

         (平凡社百科辞典 長田玲子)

「生命の樹」を典型とする聖樹は世界各地で
装飾文様として使われている。
イランではハオマと呼ばれたがこれは葡萄だとされる。
聖樹は多くは聖樹や女神を伴った形で
装飾文様に使われる。
すでに前3000年紀のスーサ出土の円筒印章には
動物を伴った樹木文様や
樹下に聖獣を配したものがある。
なお、ヨーロッパのキリスト教美術でも
生命の樹として葡萄がしばしば描かれ、
今も行われる枝の主日のオリーブやナツメヤシの祝福、
またクリスマスツリーも聖樹崇拝の名残といえる。

(文様辞典より) 古代ペルシア「聖なる樹」(ハオマ)
聖樹を中心に動物が左右対称に置かれる構成。
その木の下は聖地や楽園を意味
また聖樹は単独では生命の樹として
使われ、イスラム美術の文様で重要なモチィーフ

東方への伝播

樹下動物文 円文 左右対称形、といった
ササン朝の伝統様式は
イスラム世界にも取り入れられた

西方への伝播

聖樹の意匠は西洋でも盛んに用いられ
聖樹の下に動物が集うキリスト教の
楽園のイメージが形成された
詳しくは→樹下聖獣文 

△PageTop

△PageTop

獅子紋章風
聖樹聖獣文様
聖獣概観
生命の木
 獅子
唐草目次
文様の根源
文献
用語
サイトマップ
唐草図鑑