唐草図鑑:パピルス

植物としてのパピルス

Papyrus: (パピルス)

学名:Cyperus papyrus L.
科名:カヤツリグサ科


別名:カミガヤツリ
大型の水草で,古代エジプトでこれを使って世界最古の紙が作られた。


太い根茎に沿って,高さ 2mにも達する茎が立ち並び,葉はすべて無葉身の比(さや) に退化して,茎の根元にある。
直径 40cmにもなる大型の花序には,細長い枝が無数に束のようにつき,その先に,薄茶色の小穂が少数個つく。
北アフリカや中部アフリカの沼や河畔に大群落をつくって生える。
古代エジプトではナイル川流域のパピルスの茎を採り,皮をはいで白い髄を細く裂き,その維管束を縦横に並べて重しをかけて乾燥し,さらにこすって滑らかにしたパピルス紙を作り,当時の地中海地方の唯一の筆写材料とした。
エジプトは,国の大部分が砂漠で木に乏しいため,パピルスの茎は紙作り以外に,繊維から布地を作ったり,また茎をたくさん束ねて,ちょうどチチカカ湖のトトラ・ボートのような小舟を作った。



パピルスは美しい姿をしているため,それに類似した形のシュロガヤツリC.alternifolius L.(カラカサガヤツリ), C.diffusus Vahl や,より小型のカヤツリグサ類のオオミズハナビC.pulcher Poir., ヒメカミガヤツリC.prolifer Lam.などは,園芸家のいわゆるシペラス類として,温室内の観賞植物になっている。第 2 次大戦後,沖縄に帰化したメリケンガヤツリC.evagrostis Vahl は熱帯アメリカ産のパピルスに似た大型カヤツリグサである。

平凡社百科事典 小山 鉄夫


パピルス ウェブ検索
■美しい花の咲く迫力写真が見られます… http://blog.livedoor.jp/aki22/archives/50338536.html
■これぞパピルス…だそう
http://www.rakuten.co.jp/gardensk/430279/430285/435652/
http://thenile.exblog.jp/2698006/

[象徴,伝承]

 紙の原料であるパピルスは英知の象徴であり,古代エジプトでは大気の神アメンの標章であった。これが茂るナイル下流地域では,ワニの危害を防ぐ力があると信じられ,イシスは殺された夫オシリスを探してナイル川にこぎ出たとき,パピルスの舟を使ったので,ワニに襲われなかったという。この信仰は聖書伝説にも持ちこまれ,幼いモーセがパピルスの籠に入れられて護られたという話 (《出エジプト記》2 : 3) にもなっている。なお,パピルスの形を模した石柱は〈パピルス柱〉と呼ばれ, エジプトの神殿にしばしば用いられている。また紙を意味する英語 paper,フランス語 papier などは,このパピルスに由来する。 ⇒紙

平凡社百科事典  荒俣 宏


パピルス―偉大なる発明、その製造から使用法まで
(大英博物館双書―古代エジプトを知る)



パピルスの紹介。クリックすると拡大します

「最古の書写材料の原料、カミガヤツリ(パピルス)は古代エジプトでの最古の書写材料として有名です。茎の断面は三角形で、中身が白い繊維となっており、薄く切って重なり合わせていくと、文字を書くことができます。ナイル川流域に広く分布しています」という紹介。
日本での紙の原料の件であるが、 和紙は コウゾ、 ミツマタ・・とならったが、昔、七夕の手習いでは梶の木の葉(クワ科コウゾ属)に文字を書いたという。
その木の皮から紙を作ったため、聖なる木として神社に植えられていたという。



写真はガンピ (別名カミノキ)フォトbyWikipedia

ミツマタ(英名 Oriental paperbush
梶の葉 学名Broussonetia papyrifera

△PageTop

INDEX アカンサス ツタ ロータス ブドウ ボタン ナツメヤシ

唐草図鑑ロゴ

△PageTop



唐草図鑑
目次
文様の根源
聖樹聖獣文様
文献
用語
MAIL
サイトマップ