有翼獣

「文様事典」(視覚デザイン研究所)によれば、
翼をもつ動物の起源は西アジアに始まる

以下に概略をまとめると
_________________________
古くは紀元前2000年以前に
メソポタミアでは
獅子の頭と鷲の体を持つ獅子鷲が神聖なものとして表された。

その後
有翼神像をはじめ
牡牛や獅子の有翼の想像獣が表されて、
アッシリア帝国の拡大と共に西アジア一帯に広まった。
_____________________________

文化遺物は
獅子鷲

前2700年頃
メシリム王の棍棒頭
テロ出土

前2450年ごろ
ラガシュのエンシ、エンテメナの銀壺
テロ出土 ルーブル美術館


前8〜前7世紀
想像獣文金製飾り板
イラン 伝シヴィエ出土 メトロポリタン美術館


グリフィン
前6〜前4世紀のアケメネス朝ペルシアでは
有角有翼のグリフィンは特に好まれた幻獣である


前5世紀頃
グリフィンのレリーフ
スーサ出土 ルーブル美術館

前5〜前4世紀
グリフィン飾りの腕輪
ロンドン ヴィクトリア&アルバート美術館


前6〜前5世紀
グリフィン飾りの帯金具
ハマダン出土 メトロポリタン美術館


シムルグ

3〜6世紀のササン朝ペルシアでは
犬と鳥の合体であるシムルグが
皿や水差しに盛んに登場する

5〜6世紀
シムルグ文水差し
イラン製 ウクライナ出土 エルミタージュ美術館

6〜7世紀
霊獣文緯錦断片
ササン朝ペルシア パリ装飾美術館


6〜7世紀
シムルグ文杯
北インド出土 大英博物館


ペガサス

前5〜4世紀
ペガサス系銀杯リュトン
ウリャフ:アウール古墳出土
モスクワ国立東洋民族博物館
リュトンとは人や動物の頭部をそのままかたどった杯

6〜7世紀
連珠円ペガサス文錦
ササン朝ペルシア アンティノエ出土 リヨン織物美術館

連珠ペガサス文錦織
コプト期エジプト製 リヨン織物美術館


>WEB 検索
http://www.jwes.or.jp/jp/wh_weld/msptm.html
イム・ドゥグド

背中合わせの2匹の雄鹿の間に獅子鷲のいるレリーフ
「アン・ズー」という名、雷神の性質をもつ邪悪な巨鳥
この怪鳥は鷲の体にライオンの頭を持つ。
もともと神々の神殿を守護するとされた霊鳥

戦闘神ニヌルタと怪鳥アンズー

http://www.chinjuh.mydns.jp/sengai/hundo/p36.htm
古代メソポタミアの守護精霊ウルマフルッルーは、
ライオンの体に人間の上半身がくっついている


ウルマフルッルーはライオン人間という意味。
古代メソポタミアで知られていた守護精霊。
帽子についているのは牛の角。

クレオパトラ

サーチボックスあり


唐草文様必携書
イメージ・シンボルの図鑑
装飾史
モリスのデザイン
唐草 植物文様
日本の文様
アール・ヌーボー
アール・デコ
鶴岡 真弓
若桑 みどり
花の図像・絵画
ダンテ・ガブリエル ロセッティ
ラファエル前派
ヴィクトリア朝

阪急交通社