Blog

セイレーンとハルピュイアの違い

『ヨーロッパの文様事典』(p148)にある「ハルピュイアのアリュバロス」
:前590~前580年ごろ、ギリシア製、 ミュンヘン国立古代美術館Antikensammulugen蔵・・検索中 
※香油壺(Aryballosアリュバロス)

それではないのだが、こちらは

Staatliche Antikensammlungen München 142.JPG
Staatliche Antikensammlungen München 142” by Marcus Cyron – Picture taken by Uploader. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons.

Staatliche Antikensammlungen München 143.JPG
Staatliche Antikensammlungen München 143” by Marcus Cyron – Picture taken by Uploader. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons.

紀元前430年頃のスフィンクスとオイディプスですね・・

スフィンクスとの違いは明らかなのだが、セイレーンとハルピュイアの違いは、
ネットでも混同されているようだ
http://www.karakusamon.com/2014k/romanesque_ogata32.html

もうちょっと図像検索してみます・・

モンスターハンター気分

教会の怪物 3(ロマネスクの図像)
グリフォン、ユニコーン、セイレーン(魚の尾を持つもの)、マンティコラ(人面獅子)・・

まだ途中なのですが、3章まででまたまた停止中
(これは2014年の下書きで書いていたことです)⇒一応読了しています

真剣に読書することを”目耕“という。
晋の王韶之(おうしょうし)が若い時、貧乏もかまわず本ばかり読んでいる。
家人が「こんなに貧乏なのだから少しは耕したらどうか」とそしると、
彼曰わく、「我常に目耕せるのみ」と。

モンスターハンティング気分!?

「教会の怪物 (ロマネスクの図像)」を読むページ更新中ですが、第3章までやっつけて一時停止・・
ケルビム・ユニコーンを丁寧読み、次いで、テピュグマイオイ、アンティポデス、半神半獣、テラモン等々・・・・そしていよいよセイレーン、グリーンマンという感じですが・・・
ちょっと休止・・
ところで、
真剣に読書することを”目耕”という。

晋の王韶之(おうしょうし)が若い時、貧乏もかまわず本ばかり読んでいる。家人が「こんなに貧乏なのだから少しは耕したらどうか」とそし
ると、彼曰わく、「我常に目耕せるのみ」と。

目耕/安岡正篤 活学一日一言 (致知一日一言シリーズ)

耕すと言えば「農耕起源の人類史」を借りてきました・あと「神:人・家畜」とか
アダムは人類最初のガーデナーで、そしてファーマー・・ですよね??・
ss-493

「巨人の肩の上」

Wikipediaに「巨人の肩の上(に乗る矮人)」の項目がいつの間にかできていたのですね

私がより遠くまで見渡せたとすれば、それは巨人の肩の上に乗ることによってです。(英語: If I have seen further it is by standing on ye sholders of Giants)

Orion aveugle cherchant le soleil.jpg
Orion aveugle cherchant le soleil” by ニコラ・プッサンMetropolitan Museum of Art. Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

凄いですねWikipedia!