唐草図鑑

花の図像学:花唐草

ユリ 百合  lily

学名: Lilium  英名:lily


白ユリ

属名のLiliumは、ケルト語で「白い」= li、「花」= liumの意味とされる。
花を旅する:七月の百合
(植物としての百合、日本における百合)

百合の文様

海野弘

百合の文様は、エジプトやメソポタミアの古代文明にすでに表れている、
またヨーロッパにおいて、バラと並んで最も使われる花文である。

百合とバラは対照的な意味を持っている。
バラは情熱的、感覚的な愛を示すのに対し、

百合は清純で、精神的な愛を示している。

フルール・ド・リスの起源

海野弘 装飾の博物誌 フジアート出版

文様の花は現実の植物学的分類必ずしも従っていない。
リリイ(百合)とアイリス(アヤメ、ショウブ)な同じ形の文様になる

百合の文様はフルール・ド・リスとフランス語で呼ばれることが多いのは、
フランスでよく使われたからであろうか。

水平の台の上に三弁の花びら
中央の花びらはまっすぐ立ち上がり、
左右の花びらは対照的に外側に開く

百合から文様へではなく、文様が百合に見立てられた。
形は噴水のようでもあり、
花弁の間から芽が誕生しているようでもある。
純粋性、誕生⇒百合の象徴的意味にもなっていく


百合の文様がヨーロッパに入ってきたのは中世

伝説によれば、フランク王クローヴィスが496年に
300人の家臣を伴って改宗したとき、
聖母マリアが百合を与えたという。
(百合が聖母である処女マリアの象徴とされるようになった
中世に作られた伝説。)


フランス王たちはかなリ古くから百合の文様を使っているが
紋章としての意味を持つようになったのは、
ルイ七世(在位1137〜1180)の時

フルール・ド・リスが本格的にフランス王家の紋章として
盾に描かれるのはルイ八世の1223〜6年ごろ

△PageTop


「英米文学植物民族誌」によれば、fleur de lisは、「エジプトでもスフインクスの髪飾りに完全な形で彫刻されているという」とある。これはいままで気がついたことがなく、??っと、謎がなぞを呼び(??)少し見てみます。
ユリ文様 その2へ


19 Feb 2010


ユリの図像学


百合を持たない 大天使ガブリエル
ユリ文様 その2へ


聖母マリアの花

中世

バラ(慈愛)もユリ(清純)もスミレ(控えめさと誠実の象徴)も聖母マリアの花とされる

WEB検索
オルセー美術館の百合のシャンデリア
(くまたろうin France)



リリス
華唐草
すみれ

ユリ

薔薇

アイリス

チューリップ


△PageTop


聖樹聖獣
文様
華唐草
生命の木
花の図像文献
文様の根源
文献
用語
サイトマップ
目次
唐草図鑑