唐草図鑑
聖樹聖獣文様

ゴルゴンとコレ


Gorgon at the Archaelogical Museum in Corfu
アルカイックゴルゴン(コルフ島のアルテミス神殿の西ペディメントから)

美しいゴルゴンの髪

Wikipediaを見ていて、このコルフ島のゴルゴンの解説に、コレの髪型との比較を示唆するキャプションがあって、新鮮な驚きを感じた。
でも それを言えば、 『タイタンの戦い』(原題: Clash of the Titans)のゴルゴン(メデュ―サ)を思い出す。美しい顔で動きがすばやくて怖かった。 Wikipedia
若くて美しい女性(娘)・・コレ(-)

呉茂一「ギリシア神話」(1956)新潮文庫(1979)p371
ポセイドーンはゴルゴーンの一人メドゥーサとも懇ろを重ねた。一説(たぶんは後代のもの、例えばオウィディウス「転身の物語」 4-794以下など)によると、 メドゥーサはもとは非常に美しい少女でもって、ことに見事な髪の毛を誇っていた。 ポセイドーンの妻アンピトリーテーの憎しみを受け、あるいはアネーナー女神の嫉みを買って、ふた目と見られぬような醜さに、 髪も蛇に変えられたという。その上にもアテーナー女神はペルセウスをさし向け、 彼を教唆してメドェーサの首をとらせたのだと。


((C) 2009 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC AND LEGENDARY PICTURES)



ついでですので、こちらは(ユマ·サーマン)のゴルゴン。きれいですが、ちょっとおばさま貫禄
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃」でした
(C)2010 Twentieth Century Fox


さてコルフ島(別名ケルキラ@ギリシア)のアルテミス神殿の「最古pedimental彫刻」に戻ります。
この 「アルカイック ゴルゴン」のレリーフあるが、2匹のネコ科動物を従えているのは、古代からの女神の約束(*1)である・・。
2匹の蛇の帯はエルメスの杖であるカドケウスの形(*2)であり、足(ブーツ)の羽 もエルメス(*3)・・どういうわけであろう?逆であろうか・・
ペルセウスに首を切られた時その血から ペガサスが生まれたという・・(*4)
ゴルゴンの両肩に蛇が載っているが、頭から生えているのかどうかはわからない。髪の毛ではないようにみえる。 前に垂れている髪は蛇ではなく、確かにコレ(乙女像)と同じ髪型である。

Her motion is further indicated by the formulaic positioning of her legs in the so–called Knielauf position which stylistically resembles a swastika .
足の位置が定型的ないわゆるKnielauf position.卍に似ている


(*1)マリア・ギンブタスによれば

アナトリヤやメソポタミアの女神につき従うヒョウやライオンは古ヨーロッパ芸術では表現されなかった」(「古ヨーロッパの神々」 p194)・・とある。


http://en.wikipedia.org/Ancient_Greek_architectureでは、この2匹のネコ科動物は(ヒョウ)とされている。

(*2)マリア・ギンブタスによれば

前7~6千年紀に属する妊婦の肖像は裸像だが、前5~4千年紀になると端正な着衣像となる。ただし腹部だけは露わで、そこには聖なる蛇がまきついている

腹部に「蛇」が巻き付いた祭礼服をまとっている<多産女神>像がある。
ベオグラード近郊、メドヴェドニヤク出土 前5000-4500年 「古ヨーロッパの神々」 p200 写真196
http://en.wikipedia.org/wiki/Temple_of_Artemis_(Corfu)によれば、「絡み合う蛇のベルト」は、「肥沃のシンボル」とある。

(*3)同じく http://en.wikipedia.org/wiki/Temple_of_Artemis_(Corfu)によれば、「メドゥーサの翼」であって、エルメスの翼ではない。
Talariahttp://en.wikipedia.org/wiki/Talaria翼のあるサンダル、ギリシャ語のMessengerの神のヘルメスのシンボル
ヘーパイストスが「不滅の黄金」で作った。
(古典的神話)・・ アイスキュロスによると、このサンダルはメデューサを殺すためにペルセウスに貸与されたという。
http://www.karakusamon.com/egypt/hermes.html
どうして殺された方がはいているのでしょう?

ゴルゴンの翼

http://en.wikipedia.org/wiki/Gorgon
Detail of the Gorgoneion in the Archæological Museum, Corfu, Greece.
usa
足の位置がいわゆるKnielauf position.(ひざまずく*5)
Knielauf position・・ペルシアコインでみられる

http://www.theoi.com/Gallery/P23.14.html ループル美術館所蔵(黒絵) Ware: Attic Black Figure 600 - 550 BC ( Archaic時代)
Painter: Name vase of the Gorgon Painter

A striding Gorgon, from a scene depicting her and her sisters, is depictedc as a winged maiden with serpent-haired head, broad face, staring eyes, and wide toothed mouth with protruding tongue.


So-called “Rondanini Medusa”. Marble, Roman copy after a 5th-century BC Greek original by Phidias, which was set on the shield of Athena Parthenos. (Inventory)Glyptothek, Munich

私が最も違和感を感じるのは額の翼


Medusa with tiles, Athens Archelogical Museum

ゴルゴンの舌

アカンベーしているゴルゴンの意味?
http://en.wikipedia.org/wiki/Gorgoneion

メデューサまたはゴルゴンの頭、Gorgoneionは、古代世界で使用されていた厄よけのシンボル。古代ギリシア人の間で、最も広く使われているイメージ。アテナの盾に取り付けられたように描かれたメデューサのぎょろ目、牙と舌。


http://eekman.com/virtual_gallery/sculptures/gorgon.shtml


http://www.matrifocus.com/BEL07/spotlight.htm

Winged Gorgon/Medusa with curly locks and protruding tongue. She has large protruding eyes and fangs and is in a warrior pose. Her son, the winged horse Pegasus, is under her left arm. Painted marble. Sixth century B.C.E. From the pediment of the temple at Syracuse in Sicily.


コレの髪型


Lady of Auxerre Louvre-An Archaic (640 BC) image from Crete. A version of a Minoan Goddess who may be identified with Kore
http://en.wikipedia.org/wiki/Persephone

ペプロスコレ、およそ紀元前530年、アテネ、アクロポリス博物館

Note the hairstyle of primal earth goddess, the Gorgon, between two lionesses at the apex of a Greek temple facade



ゴルゴン3姉妹

http://en.wikipedia.org/wiki/Cultural_depictions_of_Medusa_and_gorgons


1人でなく3人

呉茂一「ギリシア神話」新潮文庫p31
三人のゴルゴーン(ゴルゴー=怪生の女の意)たち、ステンノー、エウリュアレー、メドゥーサがそれで、 極洋のかなたの涯、夜と昼が境を接するところ、ヘスペリデスの園の近くに住まっていた。


ゴルゴン(メドゥーサ)と馬


パレルモ考古学博物館 蔵

呉茂一「ギリシア神話」新潮文庫p31
メドゥーサはポセイドーン神の愛を受けて天馬ペーガソスとクリューサーオール(「金の剣、提剣」という名)を生んだ。


なぜアテーナーがポセイドーンの愛人を嫉むのか、その理由が明らかでない。
ただメドゥーサの首から迸り出た血によって、翼のある天馬ペーガソスが生まれた、という伝説は、 彼女がポセイドーンによって身重になっていた話と、よく照合する。
なぜかというと、ペーバソスは第一に泉(ペーゲー)にちなみ、カスタリアーの泉に水を飲むという物語に知られるよう二、水が実と深い縁があるし、第二に馬はポセイドーンの変身でも、あるいはトーテムでもある動物なので、メドゥーサ(支配する女)という名称を持つ彼女は、あるいは初めから妖怪ではなかったと考えられる。


コリントス市には古くメドゥーサという女神があった、おそらくは彼女もギリシア先住民族の主女神のひとりで、デーメ―テールと結局同一神であろう。 ポセイドーンはその夫神であり、デーメーテールとの間に駿馬アリオーンが生まれた。


メドゥーサとは「統治する女(神)」を意味する。
話はつまり逆で、アテーナー女神の盾の恐ろしい顔模様から空想が発展し、 見ると石になるという考えから、石になった人や動物の物語ができ、邪視のゴルゴーンに到ったのだろう。
by呉茂一(1897- 1977) P 372

ちなみにmedusaは「クラゲ」と訳される

メドゥーサとメティス

ギリシア神話ではゼウスの初めの妻はメティスという。
メドゥーサMedusa- メティスMetis の関係については、
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM/medusa1.htmlによれば、

 メドゥーサ信仰は、実際はリビアからギリシアにもたらされたもの
このメドゥーサMedusa- メティスMetisは、北アフリカでは ネートNeith、 アナテAnath、アト・エンナAth-ennaあるいはアテーネーAthene
前1400年頃のミノア・クレータではアタナAthanaと呼ばれる三相一体の太女神の破壊者の相であった。

(これについてはこちらの太古の女神論も参照)

古典期の神話におけるメドゥーサ-メティス-アテナ
 前7世紀ころ、アテーナイ人たちは アテーナーを自分たちの保護女神に創りなおした。メドゥーサおよび メティスが有していた暗い相から彼女を切り離し、女性の文化に根ざしていたその古い由来から分断した。
メティスとメドゥーサは アテナに覆われ、 メティスは彼女の母親に、メドゥーサは彼女の敵になった。
アテナの愛好するフクロウ=象徴は、死と再生、女性の知恵、闇、夜、月、神秘。ところが、 アテナは自己実現に暗闇を使うことは決してない。


ペルセウスでさえ、メドゥーサの美しさに驚嘆したと言われている。これが、彼がメドゥーサの首をギリシア人たちに見せようとした理由である。」

・・・・うむ、なるほど!?
そのはなしはカール・ケレーニーの「ギリシア神話」にもにもない?

http://en.wikipedia.org/wiki/Metis_(mythology)

西洋文化では、アテナは、最も一般的には、 生涯処女神としてだけでなく、彼女の盾に刻まれたメドゥーサのイメージを持つ戦士(*4)

家父長の娘の元型・・・ アテナにもコレのイメージがあるということでもある。


Copy of Phidias Athena of the Athena Parthenos type.  Roman copy from the 1st–2nd century AD after the 5th century BC original.
このアテナの帯は蛇である、 ケープのふちも蛇

Heracles and Iolaus escorted by Athena (Apollo and Hermes are not visible). Attic black-figured hydria. Found in Toscanella.

おまけです。 レイ・ハリーハウゼン最後のSFX作品。1981年/英
柱が稲妻文用(ジグザグ) ということはともかく、
こちらは足はない。下半身が蛇(尻尾の先端は蠍的)
http://en.wikipedia.org/wiki/Cultural_depictions_of_Medusa_and_gorgons


ゴルゴンの周辺 その2に続く

△PageTop

LastModified: 2012年


獅子紋章風
聖樹聖獣 文様
聖獣概観
獅子
生命の木
蛇の図像文献

唐草図鑑