唐草図鑑

聖樹 聖獣文様 概観

聖獣:蛇に対置されるもの
聖獣・聖鳥


杉浦康平「生命樹」を参考に 表にまとめてみました。
(クリックすると画像ページにリンクしています)

聖獣(ヘビ) 聖鳥(象徴するもの) 遺物
バビロニア 怪物の蛇
闇と悪の象徴

獅子の頭のある鷲

天の秩序
円筒印像
樹下双鳥図
(双鳥聖獣文)
エジプト ウラエウス
知恵と力の象徴
立ち上がる怒った雌のコブラ
王権のシンボル
王冠や神殿の頂に君臨

鷹(隼)

鵞鳥

ホルス神
王、太陽、天空の象徴
ラー神=鵞鳥の卵から生まれた
アメン神=鵞鳥の姿をしている
対立せず、並ぶ
蛇形記章
有翼円輪=鷲の翼の広がり
中央の日輪を取り囲む
2匹の蛇
国旗
古代ペルシア アフリマン
(悪と暗黒の破壊霊)

孔雀

太陽の光の象徴
太陽の力を象徴する
ハンサ

王冠を頂く鳥

太陽、星、火
ゾロアスター教
アフラマズダー
(善と光明の神)
ペルセポリスの壁画
有翼円輪のホルスの位置に
アフラアズダーが立つ
日輪を取り囲む2匹の蛇※が帯に変容
古代ギリシア ヘルメスの杖の蛇
アスクレピオスの杖の蛇
モーセの青銅の蛇

古代エジプト
ホルス神(ファラオ)
↓古代ギリシア
最高神ゼウス
⇒古代ローマ
最高神 ユピテル
紋章
インド コブラ ナーガ=蛇の王
(龍王); 精霊 神
  水の変幻の象徴

孔雀

鵞鳥

太陽の光の象徴
天の火と地の水の相克が
生み出す豊穣原理
地下世界パーターラに居住
最下層に原初の蛇アナンタが 1000の頭を広げて
世界の重みを支えている
ムチャリンダ =仏陀を守るコブラ
チベット
ヒンドゥー文化圏
ナーガ(へび)
ガルダ ナーガ
太陽の光の象徴

ガルダ

金色の鷲
頭は鷲、体は人間
ヴィシュヌ神の乗り物
仏画の釈迦如来の光背の
頂点に立つガルガ
ガルガ・ナーガ(雌雄一対の竜王)を 両手にもち、蛇を食らう 2匹の蛇※をくわえている図像化 仏教に取り入れられる。

カルラ⇒天龍八部神

ネパール ヒンドゥー教三大神の一人
シヴァ神の首にまきつく、
(頭上にとぐろをまく)

地下世界の王
天の水の象徴
宝珠(太陽の象徴)を尾の上に乗せる
寺院の「リンガ」を荘厳する屋根飾り
4匹の下降する蛇
天の水の働き
インド古来の瞑想原理にもとづく
中国
天子(皇帝)の象徴
右掌で「如意宝珠」を掴む
対立原理が溶け合う 複合獣
「龍は九つの獣に似る」

鴛鴦

おしどり⇒(鳳凰) 帝王の象徴
龍と鳳凰の一対性
龍(陽)=天子
鳳凰(陰)=皇后
他の文化圏と位相を異にする
火の鳥
鳥(からす)⇒鳳凰
蛇⇒龍
華麗なる展開

二大霊獣
皇帝の玉座
皇帝の礼服(こん衣)
日本 龍の力は湿潤な気候で後退
※「おしらさま」白ヘビ

八咫ガラス※

天照大神の命で派遣された金色の鳶

鳳凰

鶴、雉

中国文化の影響、近世に変化
正倉院御物
  花鳥双鳥文きょうけちあしぎぬ
こん龍御衣=天皇の即位式で使われる
   最上の礼服

神輿  頂点に金色の鳳凰
 雨をもたらす霊獣
 龍は蕨手(植物の渦、唐草の渦)縒紐に姿を変えた
(杉浦説)


ナーガムチャリンダ


NEXT2匹のヘビについて
この文献(杉浦康平「生命樹」)では北欧やケルト方向が抜けているので、そちらもみてみたい。
双鳥聖獣文(樹下双鳥図)なども調べてみます
BACK 聖樹文様

獅子紋章風
聖樹聖獣 文様
聖獣概観
獅子
生命の木
蛇の図像文献

唐草図鑑