唐草図鑑
聖樹聖獣文様

西欧古典美術

小学館世界美術大全集(1997)

世界美術大全集 西洋編3・エーゲ海とギリシア・アルカイック
編集委員/友部 直(ともべなおし)、水田 徹(みずたあきら) 1997年04月
次の巻は http://www.shogakukan.co.jp/
ギリシア・クラシックとヘレニズム(水田徹編、1995年10月)

目次読書

序論

 エーゲ海文明と初期鉄器文明 ━
その時間的・空間的広がり
水田 徹

古代ギリシア美術の発祥とその時代的枠組み:
旧石器時代から新石器時代へ
農耕経済の誕生/初期青銅器時代
青銅の発見/中・後期青銅時代
クレタ宮殿の建設とミュケナイ文明の台頭/青銅器時代から鉄器時代へ
ドーリス人の侵入

エーゲ世界の地理的広がりと文明の継承:
エーゲ世界の地理的広がり/ エーゲ世界の東方との接触/エーゲ世界のギリシア化/青銅器文明の受容と継承

第1章

 青銅器時代の始まり 
勝又俊雄

 はじめに
ギリシア本土
初期ヘラディック時代:土器
中期ヘラディック時代:土器

キュクラデス諸島
初期キュクラデス時代:土器/大理石像
中期キュクラデス時代:土器

クレタ島
初期ミノス時代:土器
中期ミノス時代:土器

クレタ宮殿全盛時代 
友部直 中村るい

はじめに:
4大宮殿と周辺の状況/クレタ島の発掘にかかわった考古学者たち/クレタ島発掘の現在
クレタ島の新宮殿時代:建築/壁画/陶器その他の工芸品
宮殿時代以降のミノス文化:
唯一残ったクノッソス宮殿/宮殿時代以降のミノス文化

第2章

ミュケナイ文明とその拡散
土居道正

みゅけない文明の発見
初期ミュケナイ文明と竪穴墓の遺宝:竪穴墓/トロス墓
宮殿とその時代の美術:ミュケナイの宮殿/壁画/象牙製品と土器
ミュケナイ文明の衰亡とその遺産

テラ島の壁画
中村るい

古代東地中海世界の壁画:テラ島壁画の発掘/テラ島壁画と他地域との美術交流/「エーゲ文化」に言及した古代エジプトの資料
テラ島壁画の主題と古代地中海世界
むすび━西洋絵画の源泉としての古代壁画

第3章 鉄器時代美術の誕生
水田 徹

亜ミュケナイ時代から盛期幾何学様式時代へ
亜ミュケナイ様式から原幾何学様式への展開
初期および中期幾何学様式
後期幾何学様式からアルカイック様式へ
後期幾何学様式の人体表現
後期幾何学様式の伝説物語図


第4章

東方化様式の時代と、モニュメンタル美術の成立
水田 徹

大型人物画像と英雄伝説図の出現
東方化の時代とギリシア美術の三大地域様式
プロト・アッティカ式陶器画プロト・コリントス式および初期イオニア系の陶器画
前7世紀における英雄伝説図の解釈

ダイダロス式彫刻とクーロス像の誕生
ダイダロス式彫刻の誕生とその形式
ダイダロス式彫刻の図像解釈
クーロス像の誕生とその解釈
神殿装飾彫刻の誕生とその図像プログラム

第5章

アルカイック建築の誕生と展開
河辺泰宏

ギリシア神殿の誕生
ドーリス式とイオニア式オーダー:
ドーリス式/イオニア式

ソロンとペイシストラトス治下のアッティカ彫刻
福部信敏

アクロポリスの破風彫刻群
アクロポリスのコレー像
アッティカのク-ロス像
アッティカのアルカイック墓碑
その他の彫刻と彫刻家

東と西のギリシア彫刻
長田年弘

イオニア地方:
イオニア文化の開花/東ギリシア彫刻の特徴/ 装飾的な衣襞表現/建築装飾の彫刻
南イタリアとシチリア:
南イタリアとシチリアの彫刻/テラコッタ、石灰岩、砂岩の彫像/建築付属の浮彫り

盛期アルカイックの陶器画
篠塚千恵子

はじめに 
アッティカ黒像式陶器画の隆盛とその時代背景
アッティカ黒像式陶器の画家たち:
ゴルゴンの画家/ソフィロス/クレイティアス/ネアルコス/リュドス/アマシスの画家/エクセキアス/後期黒葬像式陶器
アッティカ以外の地域の陶器:
コリントス陶器/ラコニア陶器/カルキス陶器

第6章 クラシック様式の萌芽
水田 徹

クラシック様式の萌芽の時代
クーロス像と神像の変貌
ギリシア悲劇と赤像式陶器画の成立
アルカイックからクラシックへ━アイギナ島アファイア神殿の破風彫刻


テーマ特集


テラ島の壁画とその文化史的意義 Ch.ドゥーマス
ギリシア神話の空想動物とその図像 前田正明 →ギリシアの空想動物

資料

ミュケナイの戦士たち
クーロス像の比較
ギリシア陶器の主な器形
地図
歴史年表
参考文献
索引


この全集、当面この3冊

△ PageTop


唐草図鑑ロゴ


獅子紋章風
聖樹聖獣文様
聖獣概観
生命の木
 獅子
唐草目次
文様の根源
文献
用語
サイトマップ
唐草図鑑