唐草図鑑

唐草文様の重要用語

唐草文様重要用語

出典:メインは 「オリエントの文様」(小学館)「ヨーロッパの文様事典」「岩波西洋用語辞典」などから簡単に
あ行 か行 さ行
アカンサス **
アラベスク *
アンテミオン *
ヴァイン
ヴィトルヴィアン・スクロール
エッグ&ダーツ
カルトーシュ
幾何学文様
ギローシュ
クラヴィ
グリーン・マン
グロテスク
コルヌコピ
スクロール
スケール
スター
スパイラル
スワスティカ
た行 な行 は行 
ダイアバー
チェッカー
デンティール
トランペットパターン
忍冬文
(→ハニーサックル)
パインコーン
ハニーサックル
パーム
パルメット **
フェストーン
フォイル
フランボワイヤン
フルール・ド・リス
フレット
ペイズリー
ま行  や行  ら行 
ミル・フルール
メアンダー
モールディング
(様式) 卵鏃文
ロータス **
ロゼット
ローレル
わ行 
(蕨手文)

(※太字は「岩波西洋用語辞典」の巻末に挙げられた12文様)

最重要植物モティーフ

アカンサス
achantos
ハアアミ属の植物で、古代ギリシアのコリント式柱頭の装飾にその葉のモティーフ装飾性がこのまれて、原題の銀行建築にまで広く用いられている。(岩波西洋美術用語辞典)→「アカンサス」まとめ
パルメット
palmetto
「椰子」という意味のラテン語palmaに由来。古代エジプトに端を発し、ギリシアで広く用いられた文様パターン。椰子の葉を図案化し、下端を曲線でつないでゆく。古代ギリシアではしばしばロータスと交互に用いられた。(岩波辞典)
人間の手の指のように扇状をした棕櫚の葉を文様化したもの
ロータス
lotus
古代エジプトに期限をもつ、睡蓮の花をモティールとした文様。復活、再生の象徴とされた。古代ギリシアではしばしばパルメットと交互に組み合わせて用いられる。(岩波辞典)
睡蓮の花を様式化した文様

アラベスク arabesuque

出典:道明三保子 「オリエントの文様」(小学館)


アラビア意匠・イスラームの装飾文様のことで、植物文、幾何文、装飾文字などを組み合わせ、平面を埋め尽くす連続文様。
狭義には、先端が二またに分かれたユリの花に似たモティーフを、絡みあった合ったつる草状の流麗な曲線でつないだイスラーム独特の唐草文様を指す場合もある。
イスラーム教は生き物の表現に制約を与えたために、装飾文様がイスラーム美術において重要な要素になった。
アラベスクは建築装飾、写本装飾、絨毯、金工品など美術のあらゆる分野に見られ、濃密で幻想的なイスラーム美術特有の雰囲気を作り出している。
アラベスク アタリウク アラビア文字

アンテミオン
anthemion
忍冬の葉、またはパルメットの枝葉を様式化した
古代ギリシアの植物文様 (忍冬文)
古典主義建築が復活する18,19世紀のヨーロッパ建築
家具・装飾板に広く用いられた
「アンテミオン」とは

ヴァイン
vine
蔓草文様
広義には唐草文様
狭義には葡萄唐草文様
ビザンティン、ローマのモザイク、中世建築の細部、
装飾写本の縁取りとして広く用いられた

エッグ・アンド・ダーツ
egg-and-darts
卵鏃(らんぞく)文様
卵型と鏃(やじり)型のパターンを交互に配した文様
卵と剣、卵といかり、卵と舌
葉と鏃など多くのバリエーションがある

カルトゥーシュ
cartouche
語源:ラテン語「紙板(carta)」
バロック時代先端が渦巻状にめくれた縁取り装飾

幾何学文様
guiloche

「幾何学文様期」についてはこちらへ(陶器年代

ギローシュ
guiloche
組紐文様、縄編文様

クラヴィ
clavi
語源:ラテン語「釘・鎬しのぎ(clavus)」
縞模様

グロテスク
grotesque
蔓草・葉・花綵(はなづな)などの植物モティーフ 、 動物、人像、仮面、武具などを組み合わせた幻想的な文様
語源: 1500年ごろ発掘された古代ローマ皇帝ネロの別荘 「黄金宮殿」(ドムス・アウレアに装飾されていた文様で、 この建物がグロッタ(洞窟)と呼ばれていたことに由来する 。 16世紀初頭イタリアで壁面装飾として大流行: 例: 17世紀フランス :当初「グロテスク文様」を指した

出典 ヨーロッパの文様事典

自然の形態をいったん解体し、自由な想像力のもとに
奇想天外な”自然”を再生させるこの文様は、「画家の夢想」ともよばれた。
17世紀のフランスでは、
「風変わり(ビザール)、浪費的、幻想的、気まぐれ(カプリチオ)」と同義とされた

(鶴岡真弓)


スクロール
scroll
古代ギリシアに生まれ古代ローマ建築に継承される
イオニア式柱頭に飾られた巻軸ないし渦巻き型の文様。
唐草文様のC字型の渦巻く形態を指す場合もある。
スクロールジラーレ

スケール
scale
鱗状文様
エジプトの墓質壁画、メソポタミアの建築壁画装飾に顕著

スター
star
星模様

スパイラル
spiral
渦巻模様

スワスティカ
swastika

卍(まんじ) 模様

グリーク・キーとは(2012)


ダイアバー
diaber
小柄の菱形連続文様

チェッカー
checker
市松文様

デンティール
dentelle
犬歯飾り

トランペットパターン
trumpet pattern
ケルトの渦巻き文様の重要な構成要素

パイン・コーン
pine cone
松毬(まつかさ)文様
※アッシリアでナツメヤシの前の鷲頭の精がもつ

ハニー・サックル
haneysuckle
忍冬唐草(スイカズラ)
唐草風文様の総称
S字型にうねるつる草にはやは長月比較的自然で優雅な動性が強調される
(出典:鶴岡真弓)

「アンテミオン」とは?参照

パーム
palm
指のように深く裂けた形態を特徴とする
椰子ないしは棕櫚の葉を文様化したパターン
縦長の葉柄から櫛状に細長く葉が伸びている形態

フェストーン
festoon
花綵(はなづな)文様
古代ローマにおいて牛・羊などの聖獣を犠牲として神に捧げる時、
犠牲をおいた祭壇を飾った儀礼に由来する
ガーランド、プークラニウム

フォイル
foil
烈葉文様
切り込みのある葉の文様。

フランボワイヤン
flamboyant
火炎文様
→※中世のイタリア建築

フルール・ド・リス
fleur-de-lis
ユリの花文様 →■ユリ

フレット
fret
連続鉤型文様

ペイズリー
peisley
パイナップル・マンゴー・松毬・おたまじゃくしなどと愛称される
"涙型"の文様
ペイズリー模様も生命樹から(by杉浦康平)

ミル・フレールmille fleurs (millions of flowersという意味)という
デザインでよく使われる言葉。
一面に草花をあしらったデザインとのこと

メアンダー
meander
雷文

モールディング
moulding
刳(くり)型文様
凹凸の起伏をつけた連続文様の総称

ラティス・ワーク
lattice worl
格子文様

ロカイユ
rocaille
貝殻・人工の岩石を様式化した文様

ロゼット
rosette
円花文様
世界大百科事典の解説によれば、「花形装飾を意味するフランス語および英語。開花した花を上から見た形を図式化した装飾ないし模様で,中心から放射状に広がる花弁状の単位を円形に並べたもの。」(詳しくはこちら

『古代オリエント辞典」では
ロゼット(rosette):花弁が放射状に広がった円形の花のモティーフ。先史時代から装飾意匠として使用され、壁画や浮彫などの建築装飾や宝飾品や装身具のデザインとして広く使われた。メソポタミアでは前4千年紀末から女神イエンナのシンボルとして頻繁に表現され、また初期のエジプトでも王と共に描かれた例がある(渡辺千賀子)
視覚デザイン研究所の文様事典では、「ロセット文様は太陽の光条を象どったもので中央から放射線状に広がる円形装飾。「バラ花型」と訳されるが、日本の菊花の文様に似ていてバラには似ていない。メソポタミヤからギリシア、ペルシアでは一種の太陽マークとして、建築のレリーフ、陶器に装飾された。」とある。

Wikipediaでは、 「本来はバラの花から由来する言葉で、八重咲きのバラの花びらのような配列を現す。や細長くて多少とも平らな構造や器官が一か所に集まり、放射状や螺旋状に配列するもののことをロゼット、あるいはロゼット状と表現する。」

「その始まりはロータス(スイレン)からヒントを得たともいわれる」とある 『オリエントの文様』(小学館)での解説はこちら
ロゼットの図像

ローレル
laurel
月桂樹の葉文様

スパイラル巻き

螺旋 渦巻文様
ローマ巻き
ウィキメディアでは、Volute、Vegetal decoration・・・ ところで、唐草をRinceauというのは、そうであったのか(~_~;) ※http://etc.usf.edu/clipart/ 渦巻文

>
様式 style 美術史の重要な方法論(様式史):ある時代の特徴的要素の総体 (世界美術大辞典)
従うべき規範(文体・スタイル)→ 一つの作品、一人の芸術家、一つのジャンル、一つの時代そのものに特有の表現形式
「ルネサンスとバロックの様式を定義づけたヴェルフリンによる5つの対概念は、いまだにある種の普遍性をもっている」
線的━絵画的
平面性━深奥性
閉じられた形式━開かれた形式
多様性━統一性
絶対的明瞭性━相対的明瞭性

平凡社大百科事典の唐草文概説 はこちらへ
(唐草文 パルメット 宝相華文 アラベスク ロゼット グロッタ←グロテスク)
『オリエントの文様』(小学館)の用語22の概説 はこちらへ
(アラベスク アラビア文字 シャーアッバース パルメット ボテ ミフラーブ メダイヨン 連珠 ロゼット等)
オリントの文様概観(植物・動物・幾何)
オリエントの植物文様図版チェック、(30ほどの「THE唐草文様」
オーナメント(ネット上にある西洋の装飾を参照) 


鏡

美はそれを求める人のものである。(ゲーテ)

唐草文様


ヨーロッパの文様事典(2000)

日本・中国の文様辞典(2000)

美しい曲線の幾何学模様:
花と葉とつる草の芸術 (2014)
岩波 西洋美術用語辞典(2005)

オックスフォード西洋美術事典 (1989)

フランス美術基本用語 (新書 1998)

新潮世界美術辞典(1985)
プリニウス博物誌〈植物篇〉
Gaius Plinius Secundus

▲TOPへ戻る