2017年12月24日(日)

クリスマスカウントダウン

Merry Christmas!

2017年は、アドベント期間を
世界のすごい建築」という児童書から、
178の建築を見ながら、
カウントダウンしました・・

今日はその最終日 日曜日でクリスマス・イブ

今日は南アメリカのさらに南部の建築物(30~36)を見て、178のすべてを見終えます。

30 グレート・サンティアゴ・センター

チリ(サンティアゴ)

建設期間 8年(2006~2014)
設計:シーザ-・ペリ
高さ300m
ラテンアメリカで一番高いタワー
62階建て
面積110,000㎡ サッカー場15面分
Costanera Center Sep. 13

31 バルパライソ大統領府

チリ(バルパライソ)
建設期間 3年
設計:エルネスト・ウルキエタ
5階建て
8,000㎡
もともとは夏の大統領府として建てられた
1973年に軍事クーデターが起こってからはチリ海軍が所有し、占拠し続けている
Antigua Intendencia de Valparaíso

32 モアイ像

チリ(ラハ・ヌイ《イースター》島)
建設期間 500年(13~17世紀)
火山岩を削って900体の像が掘られている
高さ9~10m
最も大きいものは80トン
伝説ではこの像は歩くという
1995年からユネスコ世界遺産
Easter-Island

33 聖フランシスコ教会

チリ(カストロ)
再建年 1912年
造船技術をヒントにした建築
このあたりの島には1608年以降、イエズス会によって持ち込まれた様式の教会が60もつくられた
その中の人る船乗りから見えるように丘の上に建設された
チロエ島にある16の木造教会は2000年からユネスコ世界遺産
• C a s t r o • I don't know about you, but when I think of churches I automatically think of the colour white. Unless I'm in Chiloe, and specifically in Castro. Today the church is yellow and purple, when I lived here it was orange. I can't think of anyw

34 アースシップ

アルゼンチン(ウスワイア)
建設年 2014年
設計:マイケル・レイノルドMike Reynolds (architect) – Wikipedia

自分でエネルギーを作り出す建物
リサイクルの素材で建てられている
古タイヤ333本
空き缶3,000個
空き瓶8,000本
70人が25日で建設した

ameblo.jp

Earthship – Wikipedia
BatchSolarHeater

35 ウィメンズ・ブリッジ

アルゼンチン(ブエノスアイレス)
完成年 2014年
設計:サンティアゴ・カストラバ
舟を通すために90度回る旋回橋
全長160m高さ34mの傾いたマストは自立型で旋回する

www.expedia.co.jp

www.expedia.co.jp

36 オベリスク

アルゼンチン(ブエノスアイレス)
建設年 1936年
設計:アルベルト・プレビッシュ
高さ67m
土台の面積49㎡
階段206段
Obelisco de Buenos Aires – Wikipedia
Obelisco de Buenos Aires en construcción

 

ここまでで「世界のすごい建築」は終わりです

面白かった!!!《後ほど間違い直しと追加予定》

建築は間違いなく芸術
その地に行かねばわからないもの

今年ヴィテルボまで行ったのに、トスカーナのサン・ピエトロ教区聖堂には行けなかったので、行きたいと思うのだが、 来年の恒例の6月の旅は、まず巴里の建築美術館に行くことを楽しみにしている

(あとはどのくらい行けるかわからないが)

今年の旅のまとめ→この後続けます(固定ページへ)

nekoatama

シェアする