唐草図鑑
聖樹聖獣文様

La Cathédrale Saint-Lazare d'Autun
サン・ラザール聖堂 (Autan)20190614 photo byM.N.

 2019年6月のオータンのサン・ラザール聖堂・・着いてみると、しっかり修繕工事中の模様(;'∀')
トゥルーズのお目当てのオーギュスタン美術館も、6月1日から10カ月の修繕休館に入り、見られなかったので、少々がっかりしつつ・・

 しかし、実はオータンの扉口彫刻は、上の入口にあるのではなくて、こちら(最初の写真の右手の狭い道にある短辺部分)にあったのであった・・
柱頭はほぼ見られなかったが、扉口彫刻は見ました・・
それをいえば、ヴェズレーでは話が逆で、柱頭はほぼ見られたが、扉口彫刻は見られなかった。その話は後ほど。


どんどん坂を上って聖堂の周りを一周・・
そうでもなければひょっとして、


「ギスレベルトゥス我をつくれり」 ( ̄^ ̄) の彼の像があるとは気が付かなかったかも知れない。
いや、修繕工事中でなくても、聖堂の周りは回るべきだ((笑))


Hommage à GISLEBERTUS
ギスレベルトゥスへの オマージュ

 ギスレベルトゥス君のわきを通って、聖堂裏の公園を回って

 十字架も見て、木の花(菩提樹の花)も見て・・
潜り抜けると・・
立て込んだ狭い道に面したこちらが、中央扉口でした

あの「パルムの僧院」を書いたスタンダールは1837年にオータンを訪ねて、その印象を「ある旅行者の手記」に書いている。 中世の彫刻に愕然とし、肖像画を称賛した。このタンパンは覆われていて、見ることができなかったのであったが、「野蛮なレリーフが発見されたと聞いた」と書いている。
※ 「Autun dates,facts and figures」 Daniele Berfin 2015) 

How saddened is the eye by this sculpture after having witnessed balance in the antique!
What great ugliness,good God !

I hear that,after my stay in Autun,a barbaric relief representing "The Last Judgement "was discovered above the portal of the church.


ギスルベルトゥスのアダムとイブはこの扉口の左の入り口にあったようだ‥


※柱頭は聖堂内のビデオで見ました。中村好文さんがお土産の最高傑作と書いていたミュージアムショップのエンボス加工の白いカードも売っていなくて残念。
フランス ロマネスクを巡る旅』(2004)中村好文・木俣元一著⇒2017k/tyusei_kimata.html
買えた方のたび記録2008年で10年前⇒https://4travel.jp/travelogue/10363330
柱頭写真こちらの方のページにも2008⇒ http://izmreise.la.coocan.jp/

Cathédrale_St_Lazare

 本題の唐草文であるが、
規則的にスクロールする帯の間に葉の並置で創造的なものではないが装飾として「きちんとしている入口のもの。 

獣帯(ゾデアック)Cathédrale Saint-Lazare d'Autun: Zodiacの下のタンパン扉口のもの。意匠は同様だがより精緻。

 


内部や窓は(Gothic)フライボワイヤン様式であった。



Transept(トランセプト 十字形教会堂の翼廊)


ご覧の通りで、中ではこれ以上見られなかった。


聖堂内ビデオ画面から

モワサック(1)サン・ピエール修道院 
フランスロマネスクの旅計画2019に戻る

唐草図鑑ロゴ

▲TOPへ戻る