ミケランジェロの作品(違)

最終更新日

ミケランジェロにもこのテーマの作品はあるのだろうか??
探してみた・・

ミケランジェロは本質的に孤独を好む陰鬱な性格で、人付き合いを避けて引き篭もり、周囲にどう思われようと頓着しない人物だった。

https://ja.wikipedia.org/

Michael Angelo Immenraet - The Adoration of the Magi
Michael Angelo Immenraet [Public domain]

ミケランジェロいう名だが、17世紀の人で、別人であった。https://en.wikipedia.org/wiki/Michael_Angelo_Immenraet

西洋美術:主題別画像リンク

池上英洋「よくわかる名画の見方」によれば、
(第2章 主要な主題)新約聖書

  1. サロメと洗礼者ヨハネ
  2. 受胎告知
  3. 東方三博士の礼拝
  4. エジプトへの逃避
  5. 嬰児虐殺
  6. キリストの洗礼
  7. カナの婚礼
  8. 最後の晩餐
  9. 磔刑
  10. キリストの復活
  11. 聖母子とピエタ
  12. 最後の審判
  13. 無原罪の御宿り(聖母被昇天)
  14. マグダラのマリア
  15. 三位一体

2019年3月でジオシティーズがなくなってしまうということだが、そこにある、こちらの方のまとめ・・参考になります‥
ここに項目がないが、
ミケランジェロは、何より、「ピエタ」「最後の審判」の人でしょう・・・

「愚者の聖書」-絵画によるキリスト伝

受胎告知    :Annunciation
降誕      :Nativity
羊飼いの礼拝  :Adoration of Shepherds
東方三博士の礼拝:Adoration of Magi
神殿への奉献  :Presentation in Temple
キリストの洗礼 :Baptism of Christ
貢の銭     :Tribute Money
最後の晩餐   :Last Supper
キリストの嘲弄 :Mocking of Christ
磔刑      :Crucifixion
ピエタ(哀悼) :Pieta
復活      :Resurrection
我に触れるな  :Noli me tangere

今年のアドヴェントページは、東京美術のABCアート・ビギナーズ・コレクションの「もっと知りたい」というシリーズを参考にしています‥
その一番が、『ボッティチェッリ』(京谷啓徳著)
次いで、『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(裾分一弘監修)

その次が『ミケランジェロ』次の次が『ラファエッロ」(この2冊は池上英洋著)
この本、良いシリーズです・・・

2017年6月10日 ウフィツィ

7月

Limbourg brothers - Les très riches heures du Duc de Berry - Juillet (July) - WGA13024

「小麦の刈り入れ、羊の毛の刈り込み」

背景に描かれているのはポワティエ城です。
ポワティエはフランス西部にあり、
軍事防衛の土地で、やはりベリー公の領地でした。
三角形の形をした美しいお城

http://yumitakahashi.ciao.jp/petitatelier/


*** 2018年の振り返り ***

夏の花の紹介(ボランティア掲示)
家紋の澤瀉(オモダカ)

nekoatama

シェアする