唐草図鑑
図像学

美術 

西洋美術入門

 

西洋美術入門 絵画の見かた

池上 英洋(著)  新星出版社 2013 年4月刊

池上 英洋著 『西洋美術史入門』が良かったので、『西洋美術入門』の方も・・。 
ざっと目次読書を楽しみ、追記します。技法の方は別にもう少しみます。(20181003)

内容紹介
本書は西洋美術入門者の方にもわかるよう、絵画やそれにまつわる写真などを大きく、ふんだんに掲載し、難しい用語にはルビを付け、丁寧に解説しています。エジプト・メソポタミアに始まり、古代ギリシャ、ルネサンス・バロック・ロココに印象派などから、世紀末美術を経て、現代美術、その後の展開まで、美術史の全体像をしっかり学びながら、楽しく西洋美術を学べる一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)
名画にこめられた豊かなメッセージを読み解き、絵画鑑賞をもっと楽しもう。ヨーロッパの中高生も学ぶ、確かなメソッドをベースにした新しい西洋美術史の教室へようこそ。


「西洋美術入門 絵画の見かた 」

目次

はじめに
名画に隠された秘密を探る
名画の「凄さ」を味わう 

巨匠たちの超絶技法対決

第1章 隠れたメッセージを探る
名画の秘密 

第2章 テーマで読み解く
名画対決 

第3章 西洋絵画を彩る
技法のはなし 

Topics
1 貧乏画家たちの闘い
2 世界の美術館対決

ひと目でわかる
西洋絵画史年表 
参考文献
索引

 

巨匠たちの超絶技巧対決

以下は本当に驚きの細部・・・・醍醐味!感嘆!

テーマ1 本物そっくり  
ハンス・ホルバイン「大使たち」(1533)musey.net/7794
ピーテル・クラース「ロブスター、銀のワインポット、フルーツボウル、ヴァイオリンと本のあるテーブル」(1641)tnj010.com/

テーマ2 眼
ジョヴァンニ・ベッリーニ「レオナルド・ロレダンの肖像」(1501~02)musey.net
ラファエッロ・サンツィオ「林檎を持つ若者」(1505)tnj010.com

テーマ3 髪
レオナルド・ダ・ヴィンチ「ジネヴラ・デ・ベンチ」(1474~78頃)musey.net
ピントゥリッキオ「受胎告知」(1501)tnj010.com

テーマ4 服
フランチェスコ・アイエツ「接吻」(1859)blog.livedoor/kokinora/
ドミニク・アングル「ブログリィ妃の肖像」(1851‐53)metmuseum.org

テーマ5 毛皮
ヨハネス・フェルメール「手紙を書く女性」(1665頃)musey.net
デューラー「神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世」(1519)(*下図へ

テーマ6 貴金属・宝石
ヴァン・ダイク「マリア・デ・タシスの肖像」(1629‐30)t-jikkosan.jugem.jp
クエンティン・マセイス「両替商とその妻」(1514)wikipedia.org/File:Quentin_Massys

テーマ7 グラス
ミケランジェロ・メリーズ・ダ・カラバッジョ「バッカス」(1596‐1600)musey.net
ヤン・ダヴィッドゾーン・デ・ヘーム「果物、花。ワイングラスのある静物」(1651) 

テーマ8 建物
ピエロ・デラ・フランチェスカの一派「理想都市」(1470頃)4travel
ジャン・レオン・ジェローム「蛇使い」(1870頃)www.musey.net

テーマ9 速描き(ドローイング)
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック「〈ラ・グリュ〉のためのドローイング」> (1890)artpedia.jpラ・グリュ:フレンチ・カンカンのダンサー
パブロ・ピカソ「ミノタウロスを描くピカソ」(1949)photos.com[LIFE]誌掲載

テーマ10 肌
ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ「プロセルピーナの略奪」(1621‐22)natuno-wunderkammer.hatenablog
アントニオ・カノーヴァ「勝利のヴィ―ナスとしてのパオリーナ・ボルゲネーゼ」(1804‐08)ameblo.jp/dokidokilin

 

Van Dyck Pieter Brueghel the Younger
アンソニー・ヴァン・ダイクの華麗な半身像の肖像銅版画 [アイコノグラフィ] からピーテル・ブリューゲル(子)のエッチング

https://www.museum.or.jp/
リヒテンシュタイン公家の公式サイトhttps://www.fuerstenhaus.li/de/
リヒテンシュタイン侯爵家が収集した美術コレクション https://www1.e-hon.ne.jp/

Cartouche with fruit and flowers and wine glass, by Jan Davidsz de Heem
Cartouche with fruit and flowers and wine glass,
by Jan Davidsz de Heem

以下も一筋縄でいかない名画中の名画で、これまでも不完全だが「見てきた」ともいえるが、まるで「見てこなかった」ともいえる・・・(;'∀')
まずは名前くらいは挙げておきます‥

第1章 名画の秘密

アルノルフィーニ夫妻の肖像

聖母子とニ天使

ラ・ジョコンダ(モナリザ)

快楽の園

ネーデルラントのことわざ

ウエルトゥムスに扮するルドルフ2世 

ラス・メニーナス

無原罪の御宿り

手紙を書く女と召使

ぶらんこ

裸のマハ

メデューズ号の筏

雨・蒸気・スピード

落穂拾い

草上の昼食

舟遊びの人々の昼食

グランド・ジャット島の日曜日の午後

出現

黄金の階段

女の三世代

二人のフリーダ

以下はじっくり自分で見たいところで、その後、私メの軍配も挙げたい。((♡勝手♥))・・

第2章 名画対決

世紀の二大巨匠   ダ・ヴィンチVSミケランジェロ

ダ・ヴィンチ

宿命のライヴァル  アングルVSドラクロワ

アングル

横たわる裸婦 ティツアーノVSマネ

ティツアーノ

官能さ カバネロVSブグロー

カバネロ

グロテスク カラヴァッジョVSアルテミジア・ジェンティレスキ

後者の女流画家については知りませんでした。カラヴァッジョは嫌いなのであった。

難解さ  ボッティチェッリVSブロンツィーノ

ん?「難解さ」の対決!? そっちの勝者はブロンツィーノでしょうが、しかし、ボッティチェリ♪

ナルシシスト  クールベVSデューラー

これはデューラーだと思うよ!

目だまし マンテーニャVSポッツォ

ここも好き嫌いでいうとマンテーニャ

甲冑 ウッチェロSVクリヴェッリ

う~~ん、クリヴェッロ?

日本大好き モネVSクリムト

う~~ん、モネのジャポニズムはアメリカ映画の中の日本の描写の様に少し気持ちが悪いので、クリムト

日本大好き モネVSクリムト

もちろんラファエッロ

同じ場所 ピサロVSルノワール

ルノワールは見ると落ち着かない、ピサロ

狂える女 カスティリオーネVSミレイ

ミレイ

ファム・ファタル シュトルゥックVSコリア

シュトルゥックが凄い

画中画 ドニVS新古典主義の画家

一応、ドニ

天使 フラ・アンジェリコVSロセッティ

これはどうしても、フラ・アンジェリコ

憂鬱 ムンクVSゴッホ

ゴッホ

色彩センス カンディンスキーVSクレー

クレー

 

第3章 西洋絵画を彩る技法のはなし

モザイク

フレスコ

写本

ステンドグラス

板とテンペラ

カンヴァスと油彩 

タペストリー

グリザイユ

ドローイング

水彩

木版画

銅版画

技法の歴史

 

推薦文献

池上先生のこのご本で、この著書と同じ年の2カ月前に「よくわかる名画の見方 読み解くための100のキーワード」という本がPHPからでていたようだ。そちらの方がより私のテーマ(シンボルとアレゴリーなど)であるので、このあとはそちらに続けたい。
また、「美術史入門」の方は→こちらに戻る.


唐草図鑑ロゴ

▲TOPへ戻る


唐草図鑑
目次
文様の根源
聖樹聖獣文様
文献
用語
 
サイトマップ