唐草図鑑
聖樹聖獣文様

ティツィアーノの寓意画

ブロンズィーノと並ぶ、イコノロジー入門絵画作者・・・!?

 

ティツィアーノのトリプルフェイス

Titian and workshop - An Allegory of Prudence - Google Art Project
『三世代の寓意』 1565年 - 1570年頃
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ
ロンドン・ナショナル・ギャラリー 蔵

Titian and workshop - An Allegory of Prudence
Date between circa 1550 and circa 1565
Height: 75.5 cm ; Width: 68.4 cm
National Gallery

ティツィアーノの画である。
『「聖書」と「神話」の象徴図鑑』(岡田温司監修ナツメ社2011年刊)で、「生と賢明の擬人像」として挙げられている。その説明に明確には挙げられていないが、地獄=死の入り口のケルベロス・・

青年の男性・
未来、予見を表わす。人間に忠実な犬は、未来への不安を鎮める。
壮年の男性・ライオン
現在を表わす。ライオンはその力と活動的性質から現在、知性をあらわす。
老年の男性・
過去・記憶を表す。狼は過去をむさぼる。
(『「聖書」と「神話」の象徴図鑑』p176の解説)

(シンボルを読み解く)過去・現在・未来を表す人間と3種の動物

西洋人にとってこの図像の主題である「賢明」とは過去の経験を記憶し、現在を賢く行動し、将来を予見することを意味する。したがって、前面の老年・壮年・青年期に属す3人の男性は、過去・現在。未来を象徴している。同時にその下にがかれた狼、ライオンもこれら3つの時を表す。
3種の動物の起源は、古代末期の哲学者マクロビウス(✳)の記述にまでさかのぼる。本来、賢明の図像と動物の図像は別のものであったが、ルネサンス期に重ねられた。

https://en.wikipedia.org/wiki/Macrobius

パノフスキーが『視覚芸術の意味』で(p262)この怪物の時間的変化を追跡し、絵画と文学においてそれがどのように描かれてきたのかを歴史的に記述している。
パノフスキーの描くケルベロスはもはやセラピスの従者ではなく、アポローンの従者である。そこでもまたそれは時間を象徴するイメージなのである。(『動物シンボル事典』p144)


時間の象徴関係で、アイオン、蛇に巻かれた獅子を見ていた時、蛇に巻かれたセラピス( Barbara Maria Stafford: Symbol and Myth (1979)をみていたが、このあたり、意味が分からないのでおいておきます。

ルネサンス期に重ねられたとあるが、ティツィアーノ以外もこんな擬人像を描いたのかどうか? パノフスキーのその本はまだ読んでないので、続く~~。

リーパ以前の図像集の三つ頭

Giovanni Pierio Valeriano Bolzani - Hieroglyphica
リーパ以前の図像集(1556)
Giovanni Pierio Valeriano Bolzaniの「Hieroglyphica」の図

watasiリーパ以前の図像集にも、三つ頭があった。
ところでこのティツアーノの絵に関して、若桑みどりさんにもっと重要な記述があった・・
ティツィアーノの遺書という!

テイツイアーノが《賢明の寓意》と題して、自分と息子と、その次の跡継ぎの三世代の肖像をトリプルフェイスとして表したことは有名であるが、ティツィアーノの芸術の中にいかほど反古典的な16世紀の精神が入り込んでいたかを示している。
(若桑みどり「太陽を持つ女―寓意と象徴の女性像」 (全集 『美術の中の裸婦』 第7巻の総論 1980集英社刊)
のp19)

『絵画を読む』では、 「狼は悔恨を、ライオンは力を、犬は先見を表す。賢明な人間は過去の過ちから学び、未来の先見によって現在の行動を決定する。」(『絵画を読む』p167)

?犬は 先見を表す?

過去に自分の首を、現在に息子を、未来にそのあと次の顔を描き、自分の工房が栄誉ある事業を継続することを願った。
その子孫を通して永遠を信じることができた男性にとって、老齢は伝えるべき英知の象徴であった。だが、肉体だけを受け渡す女性たちの老齢は単なる滅びとして表現されたのである。

watasi女性論は別サイトにまとめてきましたので、話はあちこちにまたがってしまうが、
こちら→3つ組の女神hekate.html

『西洋シンボル事典-キリスト教美術の記号とイメージー』(八坂書房2003 ゲルト・ハインツ=モ―ア著) (p62)

1つの頭に付与された数個の顔は、時の経過に係わる古代のヤーヌスの象徴的意味を示し、それゆえ月暦図(1月Januar)にも表れる。
このような場合、ヤーヌスの二面性ばかりでなく、時の三重の顔(過去、現在、未来)が登場することもある。
枢要徳である 賢明(prudentia)も2つの顔で表現される。
しかし3つの顔を持つ頭はまず何よりも神の三位一体のシンボルとなる。それに対応して悪魔も、神の三位一体の猿まねである、三重の顔を以て現れる。

watasiダブルフェイス・トリプルフェイス 『 ヤヌスの3面像について再掲しておく。
→ ヤヌス 2014k/yanusu.html
「教会の怪物たち」 を読む

チェ―ザレ・リーパ《賢明》 『イコノロジア』 (p19 図版)

me 
ちなみに、普通の「賢明の擬人像」は女性で、後ろに老人の頭をつけている。それはよく見る。
→ダブルフェース、ヤヌス

 

ティツィアーノのピエタ

Accademia - Pietà by Titian
Titian, c. 1576: 'Pietà', oil of canvas (one of Titian's last paintings)
ピエタ(1576) 353 × 348 cm
Gallerie dell'Accademia Venice

watasi自分の墓のために描いたともいうが、来年見に行く予定でいる(20190916)

唐草図鑑ロゴ

▲TOPへ戻る

獅子紋章風
聖樹聖獣文様
聖獣概観
獅子
生命の木
華唐草
文様の根源
文献
用語
サイトマップ
目次
唐草図鑑