生命の木 聖樹

桐 日本の紋章

総理大臣の紋


キムタクの月9ドラマCange にも桐の花の紋がでていた総理大臣の紋章です。
「日本国政府紋章」でもある五七の桐紋
(普通の桐文は五三だそう)

まず、日本のこの桐の紋の背景をちょっと見てみます。
手っとり早く検索から(^_^;;
http://kbaba.asablo.jp/blog/2007/05/16/
日本には、
キリ(白桐)をデザインした家紋や神紋(神社の紋)がいくつかあり、
それらを総称して「桐花紋」という。
なかでも「五七の桐」と呼ばれる意匠が有名で、
三枚の葉の上に五七五の薹(とう・花茎)が立っている。 
そもそも桐は鳳凰の止まる木として神聖なものとされていて、
この紋は、嵯峨天皇の頃から天皇の衣装に用いられるなど、
「菊の御紋」に次ぐ高貴な紋章とされてきたのだそうだ。
 中世以降は天下人たる武家が望んだ家紋としても有名で、
足利尊氏や豊臣秀吉なども、天皇からこの紋を賜っている。 
そのため「五七の桐」は
「政権担当者の紋章」という認識が定着することになった。
 

確認個所は「キリ(白桐)をデザインした」というところと、鳳凰のところですね。
『ウィキペディア(Wikipedia)』では画像が詳しい。
http://www.harimaya.com/o_kamon1/

桐紋は皇室が臣下に、下賜された武将が
  さらにその臣下へ与えるというかたちで増えていったようだ。
  幕末には大名・旗本のうち桐紋を使用する家は、
  その全体の五分に一にもおよんでいたという。 
 

※家紋http://www.genbu.net/sinmon/kiri.htm
※会津 桐の博物館http://www.akina.ne.jp/~kiri-mus/


http://blog.goo.ne.jp/obi-jime123/
皇室の副紋とされる桐紋は格式の高い紋章。
後醍醐天皇が足利尊氏に下賜された史実は、
朝廷の御紋章として鎌倉末期に確立していた証拠でもある。
尊氏は、拝領したこの桐紋を、一門の吉良、細川、新田、
今川、山名、一色、斯波、畠山  などの諸氏に分け与えた。
 豊臣秀吉も同様に、下賜された桐紋を多くの将士に与え、
大いに普及させた。が、菊に継いで最も名誉ある紋章は、
武将の憧れの的であっただけに、借用、盗用も発生、
ついに秀吉も”禁令”を発して、その無断使用を厳禁した。
これが天正十九年の「菊桐禁止令」である。豊臣家滅亡後も
桐紋は天下の大紋として栄え、現在でもベスト5 に入る。
 

桐


聖樹文様

デザインとして洗練を極めた日本の桐の家紋をおさらいした後、さらに、聖樹文様に入ります。 課題は、
桐は鳳凰の止まる木として神聖なもの

確認⇒植物としての桐 3種
中国シンボル イメージ図典から。
桐の項はないのですが鳳凰の項にあります

鳳凰

想像上の瑞鳥、神鳥、霊鳥。
麒麟、龍、亀とともに「四霊」の一


鳳=オス
凰=メス
すべての鳥を生んで「百鳥の祖」


中国古代思想の陰陽を併せ持ち、陰陽を一体化した存在。
仁愛と慈悲の象徴


輝く黄金色の雉(キジ)の翼と
絢爛たる孔雀(クジャク)の尾を備え
青鷺(アオサギ)のごとき姿


昼は「善哉、善哉」と鳴き
夜は「凶吉、凶吉」と鳴く。


聖天子出生するとき、人々に幸運が訪れる瑞徴として、
この世にあらわれると言い伝えられてきた。

後漢代の許真の「説文解字


姿は前が鴻で後が麟(→キリン麒麟)、
首が蛇で尾が魚、
額がこうのとりで髭がおんどり
紋様が龍で背が亀
顎が燕で嘴が鶏、五色そろっている…


荘子


南方に鳥あり…南海に発して北海に飛ぶ。 梧桐にあらざれば止まらず、 楝実(れんじつ)にあらざれば食わず、 醴泉(れいせん)にあらざれば飲まず。


西洋思想の「不死鳥(フェニックス)」に照応する
日本には仏教思想とともに渡来。(平等院鳳凰堂)
鸞(ラン)は鳳凰の一種。赤色を主体に五色の羽毛をつける。
皇帝にふさわしい鳥とされ、皇帝の住居を鸞殿という。

白桐と鳳凰、の確認ですが、
「中国の愛の花ことば」に桐の項がありましたのでこちらに続きます。
2008-07-16

△ PageTop


獅子紋章風
聖樹聖獣文様
聖獣概観
生命の木
 獅子
唐草目次
文様の根源
文献
用語
サイトマップ
唐草図鑑