唐草図鑑バナー

美術史家

美術史家(イタリア)

meこれまで見てきた「美術史家」は
ドイツの「先駆的美術史家」ヴィンケルマン(winckelmann)
やはりドイツのヴァールブルク (warburgそしてウィーンのアロイス・リーグル

ここで、「よく知られている美術史家のリスト」ドイツ版Wikipediaを見る前に、まず、 美術史の項で、ヴァザーリに始まるイタリアの美術史家を見るのがよさそう。
「最初の美術評論家」 ヴァザーリ(1511-1574) はもちろんイタリアン人であるから。
(2018年1月30日閲覧)

この美術史の項での美術史家の写真入り紹介は4人で
ヨアヒム・フォン・ザンドラルト(ドイツ人 1600- 1688)
ヴィンケルマン(ドイツ人 1717- 1768)
ジョン・ラスキン(イギリス人)
そして アビー・ウォーバーグ(ドイツ人1866-1929)だった・・

(ドイツ版) 美術史の項での
「ドイツ以外の国の美術史で重要な代表者」は、

イタリア:Giovanni Morelli#、Benedetto Croce#(哲学者)、Luca Beltrami(建築家)の3人

フランス:デニス・ディドロ 、 クアトレム・デ・クインシー 、エミール・マール 、 アンドレ・シャステル 、エリー・フォーレの5人

イングランド:ジョン・ラスキン・・とある
(→ラスキンもまたイギリス人の美術史家の項へ)
(Wikipedia20180130閲覧)Zoffani, Johann - Charles Towneley in his Sculpture Gallery - 1782

me以下イタリアの美術史家(美学者)10名ピックアップ

16世紀 ジョルジョ・ヴァザーリ
Giorgio Vasari(1511-1574) 62歳没
(Wikipedia) 画家・建築家(de.wikipedia)
  • ウフィッツィ宮殿(1560-)
  • ヴァザーリの回廊
「ミケランジェロを中心にルネサンス期の芸術家の評伝を書き、これは美術史の基本資料になっている」
ルネサンス画人伝』1550年133 人、1568年第2版30人を追加
続ルネサンス画人伝
『 ルネサンス彫刻家建築家列伝』 
芸術家列伝1 ─ ジョット、マザッチョほか
芸術家列伝2─ボッティチェルリ、ラファエルロほか
芸術家列伝3 ― レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ
Giorgio Vasari Selbstporträt
19世紀

ジョヴァンニ・モレッリ
Giovanni Morelli(1816-1891)

(Wikipedia)  美術鑑定家

「イタリアの政治家・医師で、美術史上、作品鑑定の技術に
科学的方法を導入した研究者として知られる」

「19世紀後半になると、作品の鑑定技術が長足の進歩をとげ、独立した学問としての美術史の基礎が築かれた」

Giovanni Morelli 1886
ジョヴァンニ・バッティスタ・カヴァルカセッレ
Giovanni Battista Cavalcaselle(1820-97)
(イタリア版Wikipedia)

『歴史的建築物および美術品の保全についての小冊子』
Giovan battista cavalcaselle, XIX century
ベネデット・クローチェ
Benedetto Croce、1866- 1952)(Wikipedia)

美学概要
「芸術は表現である」
「すべての歴史は現代史である」
B.Croce
20世紀

ロベルト・ロンギ
Roberto Longhi(1890-1970)

(en Wikipedia)美術史家
公式サイトhttp://www.fondazionelonghi.it/


イタリア絵画史
芸術論叢(1)アッシジから未来派まで 』
芸術論叢 (2) ‎』 岡田 温司 (訳)

Roberto Longhi

マリオ・プラーツMario Praz(1896-1982)
美術史家、文学研究者 (Wikipedia


肉体と死と悪魔―ロマンティック・アゴニー
ペルセウスとメドゥーサ―ロマン主義からアヴァンギャルド
ローマ百景―建築と美術と文学と
『官能の庭』
ムネモシュネ―文学と視覚芸術との間の平行現象
綺想主義研究―バロックのエンブレム類典
蛇との契約―ロマン主義の感性と美意識

Mario Praz

フェデリコ・ゼリ
Federico Zeri(1921-1998)

(it.wikipedia.)


イメージの裏側―絵画の修復・鑑定・解釈

Federico Zeri
ウンベルト・エーコ
Umberto Eco(1932-2016)

Wikipedia)哲学者、小説家、ボローニャ大学教授。記号論の研究

薔薇の名前』1980
美の歴史』2005
醜の歴史
芸術の蒐集
異世界の書―幻想領国地誌集成
Umberto Eco 04
現在 ジョルジョ・アガンベン
Giorgio Agamben(1942-)
(Wikipedia)哲学者

幼児期と歴史―経験の破壊と歴史の起源
ホモ・サケル―主権権力と剥き出しの生
中味のない人間
アウシュヴィッツの残りのもの―アルシーヴと証人
開かれ―人間と動物
スタンツェ―西洋文化における言葉とイメージ 』 ※松岡正剛の千夜千冊/1324
Giorgio Agamben, wall portrait
ヴィクトル・I. ストイキツァ
Victor I. Stoichita  (1949-)

(fr.wikipedia)

絵画の自意識―初期近代におけるタブローの誕生
ゴヤ―最後のカーニヴァル
ピュグマリオン効果―シミュラークルの歴史人類学
幻視絵画の詩学―スペイン黄金時代の絵画表象と幻視体験
影の歴史

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/e/e9/Victor_Stoichita_.jpg パブリックドメイン

http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/

現在
イタリア人に学ぶ日本人が知らない名画の見かた
エクスナレッジ – 2013/5/31
ダニエラ タラブラ (著),‎ Daniela Tarabra (原著),‎ 田澤 優子 (訳)

世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」
ダイヤモンド社 – 2017/10/5
木村 泰司 著

me以上イタリアの美術史家(美学者)10名ピックアップ
次いで、 ドイツ その後 フランス

https://www.arthistoricum.net/
https://www.flickr.com/photos/も参照したい

▲TOPへ戻る
唐草図鑑
目次
文様の根源
聖樹聖樹文様
文献
用語
サイトマップ