唐草図鑑

『ロマネスクの美術』の聖堂

掲載の「仏蘭西の古寺」索引

馬杉著『ロマネスクの美術』掲載の古寺を検索したものをまとめてみた。ネットで、 古寺巡りにいそしむロマネスク美術愛好家たちのエネルギーに驚きました。 しかし同時に、私自身は奥深いフランスの片田舎を、古寺を求めて長時間さまようようなことは、時間的にも経済的にも、ほぼあるまいと感じた。
この著作の内容は面白い。この本を読んで興味を持って一つだけ、いや一地方だけ行くとしたら、どこだろうか、などと思いながら、一応古寺索引を・・・

 

モワサック

サン・ピエール教会(モワサックMoissac)

ロマネスク様式彫刻の傑作とされる12世紀の門をもつ
■回廊はUNESCO世界遺産フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の1つとして登録されている(Wikipedia

moissac.html

モザ

サン・ピエール教会(モザMoissac)

何世紀にもわたる「ロイヤル·アビー」(フランス王の保護の下にある教会)、 1095~1790クリュニーの修道院 (fr.Wikipedia

mosac.html

コンク

コンク聖堂 

聖遺物、※雑誌での紹介

言及:chrism.html

サン・ジュニ

サン・ジュニ・デ・フォンテーヌ聖堂 

最古の扉口

St-Genis_des_Fontainesi.html

フノラ―ル

サン・マルタン・ド・フノラール教会 L'eglise Saint Martin de Fenollar  

fr.wikipedia.

St.Martin 1.JPG
« St.Martin 1 » par Hawobo at de.wikipedia — Photographie personnelle (Description d’origine  : « selbst fotografiert ») Transferred from de.wikipedia to Commons by User:Brackenheim using CommonsHelper.. Sous licence CC-BY-SA-2.0-de via Wikimedia Commons.

オ―タン:ブルゴーニュ

オ―タン大聖堂 

横たわるエヴァ

francais_autun.html

ヴェズレ―:ブルゴーニュ

ヴェズレ― サント・マドレーヌ聖堂 

1100年から1150年に代に、三つの扉口を持ち彫刻が刻まれているのは二つの聖堂だけ

言及:chartres.html

ピレネー

サン・ミッシェル・ド・キュクサ聖堂

言及:moissac2.html

デジョン

サン・ベニュニュ大聖堂

fr.wikipedia

言及:chartres.html
>

トゥルーズ

サン・セルナン聖堂 Basilique Saint-Sernin

 

言及:francais.html
>

アルル

サン・トロフィーム教会 (Cathédrale Saint-Trophime d'Arles)

ARLES.jpg
"ARLES" by Piexv - 投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via Wikimedia Commons.

 

言及:francais_provence.html(美学から)

スペイン

サンチャゴ・デ・コンポステーラ大聖堂

(Santiago de Compostela) http://muso.to/sanntyago.htm

言及:francais.html(美学から) 

プロヴァンス

サン・ジル・デュ・ガール

Saint-Gilles du Gard

言及:chartres.html

ボーリュ

ボーリュのサン・ピエール聖堂 

言及:chartres.html

スイヤック

スイヤックのサント・マリ―聖堂

言及:moissac2.html

サン・ドニ

サン・ドニ修道院 

人像円柱の時代=ロマネスクからゴシックへの過渡期

saint-denis.html

シャルトル

シャルトル大聖堂 

人像円柱、 タンパンのキリスト表現

chartres.html  サン・ベニュニュ大聖堂、サン・ジル・デュ・ガール聖堂

どこへ行くか、であるが、こんな感じ?
一人で行くなら、それはアルルであるということにしておこう・・あるいはパリの建築・文化財博物館パリから1時間日帰り可のシャルトルを置いて、以下割愛で・・(--〆)
建築・文化財博物館 : [Cite de l'architecture et du patrimoine)「フランス各地にある12世紀から18世紀の歴史的建造物の実物大複製(鋳型による造形でムラージュと呼ばれます)を壁に並べて展示しています。」2007年9月オープン

ところで、とにかく、「古寺」とくると「巡礼」と続くことが多い。
逆に、 巡礼というと、どうしてもキリスト教よりイスラム教「メッカへ」というイメージなのだが
平凡社百科事典によると、

9世紀,サンチアゴ・デ・コンポステラで使徒大ヤコブの墓所が発見されたという報知は,ヤコブのスペイン伝道の伝説とともに西欧に流布した。ただちに巡礼者が集まり始め,とくに 12 世紀以降,巨大な霊場となった。 大修道院クリュニーは巡礼路に沿って分院や救護所を開設し間接的ながら巡礼路を管掌したが,これは同時に兵員や入植者を半島に供給する事業でもあった
ヤコブ信仰はカール大帝伝説と絡んで成長し,そのなかで文献学史上しばしば問題になった《テュルパン年代記》も成立したし,ロマネスク美術も巡礼路上に展開開花したので,サンチアゴへの道は中世文化史と関係が深い

(以前の巡礼についてのページはこちら・・)

me『ロマネスクの美術』を読む
ゴシック建築



△ PageTop

http://www.karakusamon.com/


唐草図鑑
目次
文様の根源
聖樹聖獣文様
文献
用語
MAIL
サイトマップ