唐草図鑑
聖樹聖獣文様

中国の文様用語


meようやく中国文様に
中国へ
まだまだエジプトを、という感じもしますが、
エジプト埃及・ギリシア希臘一時休み ・・

meところで、 中国文様用語ですが、参考の
世界の文様(3)中国の文様」(小学館 1991刊 今井敦・救仁郷秀明著)で、ざっとみたところ、 項目は80ほどありますが、これにはインヤン陰陽がありません。これって雷文ラーメン模様(雷文)同様、これぞチャイナというイメージだったのですが?→ラーメン文の始まり?
この件は置いておいて、80項目を次のように分けてみることにします。

  • A 中国のユニークな唐草関連文様
  • B 龍、獅子等の動物文様の精髄、
  • C 動物図像もの、
  • D 植物図像もの、
  • E 幾何もの、
  • F その他

※ 「世界の文様(3)中国の文様」(小学館 1991刊 今井敦・救仁郷秀明著)

中国文様用語集

A 中国のユニークな唐草関連文様

雲気文 古来、雲は天の意志や吉凶をあらわすものとされた。 一般に瑞祥として用いられる
戦国時代に始まり、漢代には流雲文南北朝には唐草文と融合した形式も現れ、唐代には霊芝雲如意雲文も出現
唐草文ー纏枝

花と葉のついた蔓が律動感のある曲線を描く文様。中国から伝わったので、日本では「唐」という語か冠せられている
エジプトに始まり、ギリシャを経て、インドおよびその周辺の仏教美術に取り入れられて、南北朝時代に中国に渡来した。
パルメット、蓮華、葡萄、宝相華、牡丹などの唐草があり、また流雲文と結びついた雲唐草とでも呼ぶべきものもある(救仁郷秀明解説)

虁文 虁…伝説の龍に似た獣で、蛇の胴に大きな目、一角、一足がつく。基本的な形は商末周初の青銅器に見られ、時代とともに変化。口の部分の表現により夔文龍、夔鳳文の二つに分類される。
虁龍文  きりゅうもん 両顎が上下に反りかえったもの
虁鳳文  きほうもん 口が鳥のくちばしのように下に曲がったもの
蟠螭文 ばんちもん 複数の龍の形の獣文が細長い身をくねらせて絡み合う文様。春秋戦国の青銅器に見られる。

霊芝 れいし サルノコシカケ科。形が崩れにくいことから吉祥文として用いられた。徳のある為政者が出た時に生じ、服用すると長寿をもたらすとされる。
雷文 方形ないし円形の渦巻き文様。青銅器、陶磁器によく使われる。
萬字ー卍文 まんじもん卍形。インドの諸宗教で吉祥をあらわすしるし。らい門が変化したものとも、古代ギリシャの万字文=メアンダーが伝わったものともいわれる。仏教関係の建築・工芸によくみられる。 
卍文( 先史時代の鉤十字)
屈輪 ぐり 元から明代の彫漆に多くみられる。霊芝雲や如意頭(?)文に似た渦巻き文様をさす。日本での呼称。 *如意[ 頭」文

B 龍、獅子等の動物文様の精髄


a part of Image:Liu Ding.jpg Taotie 饕餮纹
饕餮 とうてつ 饕餮文

中国神話の怪物。体は牛か羊で、曲がった角、虎の牙、人の爪、人の顔などを持つ。
饕餮の「饕」は財産を貪る、「餮」は食物を貪るの意である 。何でも食べる猛獣、というイメージから転じて、魔を喰らう、という考えが生まれ、後代には魔除けの意味を持つようになった。
一説によると、蚩尤の頭だとされる。

(wikipedia20200615閲覧)
四凶(wikipedia)
渾沌、窮奇、饕餮、檮

杌『春秋左氏伝』文公18年
大きな犬の姿をした「渾沌」(こんとん)
羊身人面で目がわきの下にある「饕餮」(とうてつ) 翼の生えた虎「窮奇」(きゅうき)
人面虎足で猪の牙を持つ「檮杌」(とうこつ)

最高位の神獣 最高の吉祥  元来は武勇と力をあらわし、自然の力の継承化身として崇拝された。
のちには「帝徳」「天威」の象徴となって乱用が禁じられた。
中国の龍の歴史龍文
応龍 おうりゅう  
青龍 せいりゅう 五竜(wikipediaページへ)
正面龍 しょうめんりゅう  
団龍 だんりゅう 参考https://www.umakato.jp/
行龍 こうりゅう  
蠎 もう 皇帝と臣下の服飾の文様を区別するため、皇帝の五爪の龍文に対して、臣下は四爪の龍である蠎文を使用。
巨大な蛇:蟒蛇(うわばみ)大蛇(おろち)
鳳凰 四霊
麒麟、鳳凰、霊亀、応竜
四神 四神(五獣)
青竜、朱雀(黄竜)、白虎、玄武
青龍 せいりゅう 本来は緑色をさす、青は五行説では東方の色(wikipedia
白虎 びゃっこ 西方を守護(wikipedia
朱雀 すざく 南方を守護する神獣(wikipedia
玄武 げんぶ 北方を守護する、水神。「玄」は「黒」(wikipedia
鴛鴦 えんおう 訓:おしどり
獅子
狻猊 さんげい 伝説上の猛獣。獅子に同じ

古くは『爾雅』釈獣に「狻麑」として見え、虦猫(トラの一種)に似て、虎豹を食うとしている。郭璞の注では獅子のこととしている。(wikipedia

[凡俗心願:中國傳統吉祥圖案考] ※(google book)

辟邪 へきじゃ 古代伝説の神獣。姿は獅子に似て翼がある。邪穢や不祥を払うとされる。

〘名〙 古代中国の想像上の動物。鹿に似て二角を持つ。邪悪を避けるといわれ、天祿とともに印章や旗などの飾りに描かれる。
随筆・燕石雑志(1811)五「天祿獣 天祿辟邪(ヘキジャ)は霊獣なり」日本国語大辞典

※翼が確認できない。「辟」は辟易するに用いられる、さける・しりごみする、意。

共命鳥  ぐみょうちょう

※表記違い: 以前ここに挙げていた「共鳴鳥」の表記はミス

 

仏教経典の神鳥
身体は一つで、頭が二つ

トーハクにいる3羽の共命鳥

http://fukagawafudou.jugem.jp/
白鵲(びゃっこう)・孔雀(くじゃく)・鸚鵡(おうむ)・舎利(しゃり)・迦陵頻伽(かりょうびんが)・共命(ぐみょう)


「世界の文様(3)中国の文様」用語解説p221

C 動物図像もの

 
比翼の鳥 雌雄ともに一目一翼で、常に一体となって飛ぶとされる。夫婦が相親しんで離れがたいことのたとえ
麒麟 古代伝説の神獣。仁獣。吉祥
「五毒」を除き、「圧邪」の寓意 虎の額には王の字がある
再生の観念の象徴として、商から西周の青銅器に見られる
蟾蜍 せんじょ ひきがえる 戦国より魏、晋まで神物と考えられていた。凶邪をしずめ、長生を助け、富貴をつかさどる吉祥
蝙蝠 こうもり 蝠と福…音が通じる…吉祥文用、幸福が天から飛来することを願う 
吉祥の一種、子孫繁栄


「世界の文様(3)中国の文様」(p220)

獬豸 かいち  古代伝説上の神獣。姿は牛に似て一角。人の曲直正邪を知る能力があるとされ、御史、按察使の礼服などに用いられた。
鹿 古くは神物の一つとされ、人が昇仙するときの乗り物
兎 うさぎ 古代神話で月にいるとされる。金兎、玉兎は月の意匠
日月星辰
じつげつせいしん
日輪は内部に三足烏、月輪は内部に蟇蛙か兎を配することが多い。
比目魚 ひもくのうお 鰈(かれい)のこと。古くは一目の魚で二尾が並んではじめて泳ぐと考えられた。(比翼の鳥と同類。)

D 植物図像もの

パルメット 忍冬 パルメット唐草
石榴 ザクロ文
牡丹  ボタン唐草
葡萄 ブドウ唐草
瑞果 ずいか
蓮華  
 
 
 
柿蔕 したい  
茘枝 れいし
団花 だんか
束蓮 そくれん
宝相華 
ほうそうげ
 

E 幾何もの

火焔  
鋸歯  
茱萸 しゅゆ  
銭文 せんもん
鋪首 ほしゅ  
瓔珞 ようらく  
連円  
連弧
連珠  
連壁 れんぺき  
方格 ほうかく  
方勝 ほうしょう
輪違い  
七宝 しっぽう 紡錘形を四つ組み合わせて円形にした文様。輪違いの一種。四方襷、十方ともいう。

F その他

八吉祥  
盤長 ばんちょう
暗八仙 あんはっせん 吉祥文の一つ。八仙の持ち物。宝剣・魚鼓・笊籬葫蘆・扇子・陰陽板・花籃・横笛
https://abc0120.net/words/abc2008022106.html
八宝  
八宝花
五果 ごか 李・杏・棗・桃・栗(スモモ・アンズ・ナツメ・モモ・クリ)
四君子 しくんし  
三多 さんた 吉祥文の一種。多福、多寿、多子をあらわす。仏手ブッシュ、桃、石榴を組み合わせて作られる
飛天 ひてん  
十長生 じゅっちょうせい 朝鮮半島で用いられる吉祥文様。不老長生のたとえ。日・山・水・石・雲・松・霊芝・亀・鶴・鹿
博古文  
文字  

meずいぶん沢山あり、追いつきませんが、おいおいに・・・ε=ε=┏( ・_・)┛

Chi You
Chi You. The stone print of the age of Han dynasty.
蚩尤。漢代の石刻画

meここで久しぶりの追加です・・陶文(土器記号・獣面神)・・
そこで、 以下、中国の図像ページに、中国神話からの天神地祇、怪物 を追記

△PageTop

唐草図鑑ロゴ
LastModified: 2020年
初 2013年 5月5日(日)

獅子紋章風
聖樹聖獣文様
聖獣概観
生命の木
獅子
唐草目次
文様の根源
文献
用語
サイトマップ
唐草図鑑